« 市谷「ひょうたん」 | トップページ | マーボー豆腐 »

2006年10月17日 (火)

「いじめ」について

最近の学校・教師の質の低下には目を覆います。生徒とまともに対話できなくなっているわけです。馬鹿な校長、軟弱な教師、そして無責任な教育委員会。。まず問題は、「いじめ」は起きないという非現実的な前提。企業でも学校でも、趣味のグループでも人が集まれば好き嫌いは生まれます、そして揚げ足とり、陰口、極端にはいじめが出ます。このようなトラブル、行為は人間の性であり、逃げられません。問題は、これらに対して真摯に対応することなんです。精神を保ち、屹立することが肝心です。

「うちに限って」という考えや、生徒を美化する、性善説に立つことは想像力の欠如です。起きるのですから、それを是正し、叱ればいいのです。これらを隠蔽するからこそ、自殺など最悪の結果になります。企業不祥事(三菱自動車など)とも根っこは一緒です。昔もいじめはありましたが、自殺者までは出なかったんですから。

そして最後は教師の教育。使命感がない、保守保身に走るサラリーマン以下の最低の人種です。このような輩に教育された生徒がまともな大人になるわけありません。その意味で日本の将来は暗いです。

|

« 市谷「ひょうたん」 | トップページ | マーボー豆腐 »

事件・事故」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いじめ」について:

« 市谷「ひょうたん」 | トップページ | マーボー豆腐 »