« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

大晦日ですね

2006年もいよいよ終わりです。今日はのんびりとテレビや読書で過ごしました。12チャンネル「もう一つの京都」はなかなか面白かったですね。信長、秀吉の足跡を追った歴史物でしたが、よく京都に行く人間としては、興味そそられる内容でした。あとは多少の年賀状書き。そして部屋の掃除など。

久しぶりに大晦日は一人で迎えます。両親は志賀高原へスキーです。たまにはのんびりしているのもいいものです。2日からは私が蓼科へ。美味しい食事が楽しみです。今夜は紅白でも見ますか。。何年か前には、増上寺で鐘を撞かせていただきました。

2007年もいい年にしたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

白州次郎

最近、白州次郎が見直されています。GHQに「従順ならざる唯一の日本人」といわれた人です。もともと名家の生まれで、ケンブリッジに留学、若くから吉田茂に見出され、ブレーンとして活躍してました。

しかし、何よりも素晴らしいのは、その矜持、日本人としてのプライドかもしれません。美しい国といっているわが国の総理ですが、やはりプリンシプルや原理原則は絶対不可欠です。それをもっていた人物なんでしょう。彼の本や哲学に触れてみるのもいいと思います。

彼の遺言は「葬儀無用、戒名不要」だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

年賀状という文化

今はまさに年賀状の執筆中。毎年、表も裏も手書きなので、正直疲れます。ほとんど腱鞘炎状態。平均、200通は書きます。

しかし、やはり年賀状という文化は素晴らしい。1年を振り返り、無事過ごせたことへの感謝をしながら、お世話になった人へ手紙を書く。素敵な文化です。

印刷が進んで、写真などが多くなりましたが、やはり手書きには勝てないと思っています。せっかく書くなら、下手でもしっかり自分の字で書きたいと考えています。

些細なことかもしれませんが、私にとっては大切なことになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

渡辺喜美を登用

渡辺氏が佐田氏の後任になったようですね。もともと安倍氏とは近いので順当です。元日銀の南原氏と25日に食事をしていたときに、渡辺氏の名前が出ていました。まさに南原氏の言うところとなりました。たいした神通力です。。

渡辺氏は父親譲りで、なかなかユニーです。彼が登用できたということは、結構、官邸主導できていると思えますね。

次の国会がどうなるか目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

エリート論

昨日は、世界銀行元副総裁の福井さんと議論をしました。福井さんとはお互いアメリカ暮らしが長いことや、アカデミズムに身を置いたことなどで、大変馬が合い、よくしていただいております。

日本のエリートというと、官僚や大企業の偉いさんなどのイメージで東大法学部が思いつくでしょう。そして、天下りや企業が死ぬまで面倒をみるわけです。中国電力の相談役などは典型で、彼らは何の仕事も事実上していないわけです。このように仕事もなく、ぶらぶらしているのもいれば、大秀才でありながら、地味で、自ら情報や知見を「発信しない」エリートも日本には多い。

アメリカでは、有名企業のCEOは会社を辞め、個人事務所を構え、そこから自らを「発信」していきます。ウェルチもガースナーも、そして官僚も同じです。自ら会社の看板をはずし、個人として独立的に振舞う、そんなヒロイズムが真のエリートなんでしょう。

その意味で、福井博夫さんはすばらしいエリートであると感じています。このような真摯に物事を考える貴人が生まれることを切に祈っているわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

囲碁教室

今夜は今年最後の囲碁教室でした。初めての実戦で、緊張しました。ジェムコの井上さんと対局しましたが、3目差で負けました。やはり習い事は予習復習ですね。

宿題も出たので、冬休みはしっかり勉強です。

今夜は市谷の百干で夕飯。幻魚干し、豚焼き、丸干し、野菜スティック、焼きおにぎり、もつ煮、切干大根、奴などを食べました。食材は吟味されていて、美味でした。特に北陸の魚料理に定評ありですね。岩崎とアクサの石橋さんと忘年会でした。

それにしてもひどい雨。すっかり濡れ鼠です。

おやすみなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍首相の評価

支持率で見ると落ちているのは明らかです。しかし、彼は真に国を考え、働いているという向きもあります。例えば、北朝鮮。拉致の5人を北に返すという密約が小泉はしていたのを安倍さんは一人、拒んで結果返さずに済んだということ。

また本間税調も、たしかに本間の不見識は問題ですが、成長路線をとり小泉=竹中財務省路線から脱したことなどは評価されますが、日経をはじめマスコミは一切評価しない。まともなことをしているからこそ、日本では評価されないという現実があります。

清和会はもともと大蔵主導。小泉などまさにその典型でしたが、安倍氏は反旗を翻したといえるわけです。大変、立派です。

そして今度は経済同友会。何もしなかった北城氏と変わり、リコーの桜井さんが就任します。この人も期待大。全体的に慶応閥がまずいんです。生田、小泉、北城、小林などですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

新橋「末げん」

今夜は、末げん で水炊き。奥久慈地鶏を堪能しました。特に雑炊は圧巻です。写真を見てください。元日銀理事の南原晃さんも上機嫌、何より何より。

昼間はプルデンシャル生命の原顧問同席のもと、神保町の松田支社長とお会いしました。研修など打ち合わせを1時間ほどしまして、大変有意義でした。

非常に熱心で、まじめな方で、感激しました。やはり支社長にはそれなりの風格がありますね。もちろん、懇意にしていただいている原氏の人望には敬服するのみです。本当に素晴らしい1日でした。感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜は「末げん」にて忘年会

今夜は新橋の水炊きの老舗「末げん」で忘年会、私が主宰です。場所はSL広場から30秒!ここは、明治42年創業、歴代首相が通い詰めた名店です。特に原敬は有名です。また歌舞伎の6代目菊五郎など。そして極め付きは三島由紀夫が自決する前の「最後の晩餐」がここの鶏鍋でした。私も久しぶりなので、今から楽しみです。

鶏肉は奥久慈地鶏を使います。ここのお昼の親子丼も垂涎もので、しかも廉価です。サラリーマンやOLでも十分行けます。水炊きはコラーゲン豊富、この乾燥しやすい時期、是非お試しください。

歴史を感じさせるお店での忘年会もいいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上のサーロイン 「川奈」にて

Image152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

ステーキ川奈

今夜は銀座の老舗・ステーキ川奈で鉄板焼きを食べました。久しぶりに行きましたが、やはり名店は素晴らしいの一語。私は魚介は食べないので、最高品質のお肉をオーダー。今夜は松坂牛サーロインとシャトーブリアン。サーロインはしっかり脂が乗っていて、肉らしい味。シャトーはフィレの中のフィレで、牛1頭からたった1キロしか取れません。希少なものです。口の中に入れると、シルクかベルベットような舌触り。

これらを焼いていただき、レアーで食べます。肉がいいので、わさびのみでいただく。まるで刺身を食べるが如く。醤油もポン酢も要りません。野菜は、シイタケ、パプリカ、かぼちゃ、アスパラなど。サラダが付いています。

私どもの隣はまったく知らずに入った二人。予算がはるかにオーバーのようで、目を白黒。食べながらも会話がありません。これも授業料、しっかり楽しんでいただきたい。

〆はもちろんガーリックライス。青森のにんにくとサーロインの脂がマッチした絶妙のあじわい。病み付きですよ。

ぜひ、最高のお肉が食べたくなったら、出かけてみてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肩書きの書き方

日本の企業人は肩書き好き。特に意味がなくても長くて偉そうなものには憧れるみたいです。私が意味が分からないのは「代理」名刺。課長代理くらいならまだしも、次長代理など噴飯物です。そもそも次長の意味がないんですから。。あと部屋もないくせに「室長」。社長室長やら経営企画室長など。単なる慣例と惰性でつけているんでしょうか。もっと単純に「社長補佐」なんていかがかな?と思います。そしてひどいのが「執行役員」。ちっぽけな会社でもいるんです。彼らの生態は実に不明。謎の生物です。要は、役員になれない連中の「第2の上がり」ポストです。

そして社長のなれの果てが「名誉顧問」「相談役」「最高顧問」「特別顧問」など。社長にはならなかった、もしくは外部のお偉いさんが、「顧問」。大企業はこれでだいたい分かります。社長はもちろん、会社の代表、会長は取締役会の長、という意味。意外と知らないケースが多い。

いずれにしても肩書きは単純、明快、見てすぐわかることが重要。肩書きをあげるために作るなど論外です。まだカタカナも最小限がいいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

taikanenで夕食

今夜はホテルニューオータニのtaikanenへ。ここは有名な中華です。本来の場所はリニューアル中なので、洋食の「satsuki」に間借りしています。

まずは小龍包4こ、北京ダック(パリパリで抜群!!)、黒酢酢豚、野菜炒め、五目チャーハン、を食べました。酢豚は圧巻で、黒酢を贅沢に使用としているので、赤色ではなく黒です。そして豚が何しろ柔らかい!黒酢と蜂蜜が十分生かされています。

野菜炒めは中華のイメージを壊します。青物ばかりではなく、シイタケ、エリンギ、パプリカ、ブロッコリなど色彩豊かで食欲をそそります。ごま油が最後のアクセントできつくないので、嫌味がありません。ここは私のお気に入りの中華です。たまたま隣のテーブルは杉本彩でした。マネージャーらしき人とお食事、なかなか綺麗でしたよ。

チャーハンはパラパラで、脂っこくなくて美味しい一品。そしてお茶は香り高いジャスミン。心が癒されます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不祥事と責任

中国電力、日興証券などが不祥事で揺れています。日興などは上場廃止も当たり前の背信行為、ライブドアと同じです。また電力も報告書の改竄など、これも詐欺行為です。問題は誰が責任を取るか、です。

日興は給与の返上程度で済ませようとしたことで火に油を注いだ格好、たぶん金子、有村などは総退陣です。電力も相談役が辞めることは必至。しかし、欧米に比して日本の責任の取り方は甘い。エンロンの役員などは相当の罰を食らいました。でも結局、辞任で上場廃止は免れるかも知れませんね。日本はこんな国です。

そもそも電力の相談役など何も仕事はしていません。役所の根回し程度のものです。あとは飲み会やら、仲間での昼食会程度です。こんな連中が辞めてもそれは社内的には大きな意味があっても、社外や顧客にとっては意味がないんです。

日興などは市場を騙したわけであり、かなりの厳罰、刑事告発も考えるべきです。不祥事と責任がはっきりしないのであれば、世界から信頼される国にはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月22日 (金)

豚肉のソテー

夕飯は自宅でした。父親も岡山から帰京し、珍しく母と三人で食卓を囲みました。豚のソテー、パプリカの炒めをメインにしました。パプリカはやっぱり目にきれい、食べて美味しいですよね。そして、博多明太子です。一つは真っ赤で激辛、もう一つは柚子風味で上品です。これはお歳暮できました。あとは山本山の焼き海苔。薄さ、紫色といい絶品です。お汁は若布と、桜海老。香りが素晴らしい。。

今夜もいい夕飯で満足満足。明日は中華の予定です。ではおやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍首相の求心力

小泉と異なり、安倍首相のリーダーシップに疑問符がつき始めています。育ちのよさは顔を見ても分かりますが、それだけではありません。彼の失敗は「抵抗勢力」との機軸が出来ないことです。

本来、福田氏が出馬なりしていれば、抵抗勢力が生まれるので、小泉的手法が使えます。しかし、与党でかつ抵抗勢力がなければ、これは退屈そのもの。リーダーは愚鈍に見えるわけです。彼の不幸は福田不出馬に起因しているのです。

さて、支持率も落ち、本間問題でより尻に火がついた感じですが、この落ち方は森・橋本内閣に酷似してます。橋本は沖縄問題で、支持率を上げ、森は不要な発言で自滅しました。ここは、安倍首相の思い切りが必要ですが、なかなか発揮できる材料がない。

あとは、税制や一票の格差など本質にどこまで切り込めるか、にかかっているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

次期税調会長は?

本間の辞任が決まりました。当たり前の話です。さて問題は次期会長。吉川洋か神野直彦。双方、東大の碩学で、吉川氏はケインジアン、神野氏は公共経済、財政の大家です。小生ははからずもご両人とも存じ上げています。神野氏とはある勉強会でお話を拝聴、吉川氏は内閣府にて会っていました。

神野氏は実直で、吉川氏は頭脳明晰、稀にみるお二人ともすばらしい学者です。もちろんダークホースはいるかも知れませんが、どちらかが就いていただけることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青島幸男

青島氏が他界されました。都知事としての実績は皆無でしょう。博覧会の中止だけが目玉で、三セクではお金をつぎ込みました。また金融問題でも、金融音痴ぶりを発揮してました。筋を通しているようで、実は変節漢です。都政は停滞、結局無責任にも投げ出して、知事は一期で辞めたわけです。ここのどこが潔いのか、またメディアの政治家・青島の評価には納得できません。

石原と共にいわゆるマルチタレント的な要素がありますが、やはり石原には政治が似合いますし、対応が上手です。やはり中枢で大臣を経験をしたか否か、自信の差といえます。私から言わせれば、青島が都知事であったことが都民として恥ずかしいですし、横山ノックと同レベルです。意地悪ばあさんで止めておけばよかったんです。人間、やはり身の丈に合った仕事と役職に就くべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年最後の関西出張

滋賀・京都へ出張に岩崎と行きました。19日は11時に滋賀建機の蔭山会長を訪ね、ビジネスのご提案。快く快諾いただきました。大変顔が広く、中小企業家同友会の会長もされています。滋賀銀の高田頭取とも顔なじみ。そしていつもながらビジネスに前向きな方です。話の後は、息子さんに能登川まで送っていただき、新快速で山科へ。お昼は山科のうどん屋にて軽くわかめうどんを食べました。泊まりは定宿の山科ブライトンでした。ここは大浴場もあり、長谷工のおかげで大変安く泊まれます。

夕方はアールシステムの阪下さんと会いまして、またまたご提案。氏は新しいエンホームという会社を立ち上げられて、その件でお会いしました。なごやかに話も進み、5時過ぎには草津へ送っていただき、ホテルへ。

夜は祇園にて岩崎と食事。まずは活きたうなぎをオーダーしてから食べさせる「浜松屋」へ。うな重はもちろん、白焼き、うまき、ゆば蒸し、明太子などをいただきました。実に美味しいです。さばいているところも目の前で見れて素晴らしいの一語。たれには漢方が入っていて、血をさらさらにしてくれます。同じ祇園のうなぎ屋でも「梅の井」とは大違い。

そして行きつけのバー、「サンボア」でウィスキーを傾けました。ここからが大変。口直しに黒ゴマジェラートを「祇園ジェラート」にて食べて、錦魚亭へ。ここは魚力の上田さんが経営されています。年末の挨拶かねて伺い、おばんざいをいただきました。あっさりとしていて美味しいです。お芋やこんにゃく、京にんじんなどです。そして、一口餃子の泉門天で〆の餃子を食べてEND。この餃子屋は結構有名人も来ています。タクシーを花見広路にて拾いホテルへー。この夜はゆっくり眠れました。

20日はまずは朝は井助さんにてインタビューやらビデオ撮影。大変いいものができました。土産に万華鏡やしおり、鏡を購入しました。そして蕎麦を「蕎麦の実」にて、ざる蕎麦とかやくご飯のセットを食べました。そして大阪へ。IFPの野間社長としばし打ちあわせ。そして3時に新大阪で顧問の杉山氏と会って今後のビジネスの打ち合わせをしました。

一路新幹線で帰京し、夜は喜樂鮨で食事。クエ、鯒の白身、みる貝、サバ、こはだ、中トロ、アジ、雲丹、かわはぎなどをいただきました。お酒は冷酒のそのぬけ。いいひと時を過ごせました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月19日 (火)

お歳暮選び

上記表題は私にとっては重要な要素となります。毎回、お送りする方の好みや趣味に合わせるのは結構難しいですね。今回は坐来・大分のお歳暮「シイタケ」と京都料亭「菊乃井」の昆布にしてみました。シイタケは大分の特産、豊後の味が楽しめます。昆布は名料亭、菊乃井のもの。どちらも美味しいと思います。

さて、今日は年末の挨拶を兼ねて関西行脚です。まずは、近江八幡、草津、泊まりは京都です。滋賀建機へ行き、アールシステムの阪下さんに会います。20日は井助さんを訪ね、その後は大阪へ行きます。今年最後の関西出張です。何だかんだで、42回ほど京都へは行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

ミサワホーム

また粉飾事件とのこと。三沢氏といい、現職の経営陣といい情けない。いつかはばれることをするとは、あきれ果てます。

上場廃止はもちろん、是非逮捕していただきたい。フェアーな市場を標榜する以上、厳正に対応していただきたいものです。

しかし、懲りずにこのような事件が起きるのはやはり経営者の資質が落ちている証拠です。あとは時価総額の導入が、経営者を追い立てている側面もあるでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月17日 (日)

ホリエモン解禁

蟹は解禁ですが、ホリエモンも解禁とは恐れ入ります。メディアにインタビューで各社に出演しています。しかし、裁判は終わっていませんし、いまだ「被告」の立場。そのような人間をメディアで話をさせることは公共性を害することにはならないのでしょうか?

裁判で申し開きをするのであればいざ知らず、公共の電波で行うなど言語道断です。マスコミの見識を疑います。要するにどこもかしこも、視聴率しか考えていないわけです。田原も筑紫もろくな人種ではありません。さらにプロデューサーは最低の俗物でしょう。話題性だけしか頭にない。もっと言えば、日本国民の誰に、彼らの事件が興味の対象なのか?彼を出すなら、宮内被告と並べて討論させればいいんですよ。そのほうがよほど分かりやすい。

もしくは「行列のできる法律相談」で解決してもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カリフォルニアグリル「YOSHI」

麻布十番にあります。今日はうららかないい一日でした。十番では「なまはげ祭り」がありまして、なまはげと威勢のいい太鼓が鳴り響いていました。人もたくさん来ていて、活気がありました。

お昼はYOSHIにてハンバーガー。アボガドが乗っています。サラダが山盛りなので女性に受けるかと思います。お肉ももちろんジューシーで、美味しいです。夜はコースもあり、メニューも本格派。

午後は東五反田まで行き、過日亡くなった稲葉興作さんの自宅から麻布まで歩きました。かれこれ1時間、いい運動です。明治学院の前を抜け、魚藍坂、三の橋、麻布に戻りました。いい散歩です。3時のお茶は、十番の「ウィンザー」でしました。結構賑わっていました。明日は囲碁です!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月16日 (土)

レッドソックス

松坂にまたして6年契約、60億という大金を払うようです。総額120億ですから尋常ではありません。しかも6年とは異例の長さ、6年しっかり仕事ができるのでしょうか?一つにはヤンキースには絶対に渡せないという意地があったのは事実でしょう。ただ決裂に見えたときの決定です。あのまま決裂して西武に戻るのも一興でしたが。。年俸の高騰は大問題です。これを教訓に改革をすべきでしょう。

今日は、囲碁をじっくり練習し、宿題も完了。忠臣蔵の歌舞伎「元禄忠臣蔵」真山青果をテレビで見ました。幸四郎の大石最後の場面です。これは通しで行われ、吉衛門、藤十郎が行いました。この中では、吉右衛門が口跡もよくいいですね。藤十郎は柔らかさを出した演技で、さすが人間国宝です。吉右衛門とは香港で泊まっていたペニンシュラで出会い、ロス公演も見に行きました。まんざら知らない間柄ではありません。

夕飯も自宅です。和牛の味噌焼きをメインにトマトとシーチキンのサラダ、豆腐の味噌汁、鯛のお刺身,ふろふき大根、まこ鰈塩焼きというところです。久しぶりにのんびりしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は囲碁の練習です。

18日に栗田瑞夫さんの囲碁講座が棋院であります。今回は宿題が山ほどあるので、今日は囲碁ドリルをやります。最初はやさしいですが、進めていくとこれがなかなか難しい。いい頭の体操です。

今日は比較的のんびりできそうです。私の母親も風邪で寝ているので、静かな一日です。

皆さんもノロウィールスが流行っています、気をつけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

和田敏信さんのお別れの会

今日はオークラにて元通産事務次官・和田さんのお別れの会に出ました。石油資源開発主宰です。棚橋社長とは、同志社大学以来のお付き合いで、お世話になっています。もちろんご子息は政治家で、本人は半導体や自動車交渉を纏め上げたらつ腕次官でした。参列者も大物ばかり。。林義郎元大蔵大臣、尾身財務大臣、町村元外務大臣、細田元官房長官など。通産族議員のオンパレード。

また旧知の再会できたのもよかったです。例えばジェトロの渡辺理事長、中小公庫の水口総裁、望月エネ庁長官、角谷みずほ銀行顧問、などと歓談できました。また新日本石油の渡会長ともしばしお話。大変充実した会でした。

食事も和洋たっぷりありました。ローストビーフはよかったです。ちょっとお鮨は残念でしたね。

朝は虎ノ門のインヴィニオで打ちあわせ。こちらも来年からのビジネスについて、詰めていけるので有意義でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

TOKIA「つるとんたん」

今朝はミネルバグループにて研修を行いました。テーマは「燃え尽き症候群をいかに避けるか?」。働き盛りを襲うこの心の病についての対処法が主たる主題。その後は、図書館や、本屋で資料になるような書物を物色。

夕方は大丸でお歳暮を買いました。結構混んでいましたね。明日も高島屋に行く予定です。夕食は軽く「つるとんたん」で鍋焼きうどんをいただきました。具たくさんで、贅沢な一品。寒い季節には最適です!

明日は朝は虎ノ門、その後昼はオークラにて、お別れの会に出席します。何かとバタバタしていそうです。

ではおやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月13日 (水)

品川ストリングスホテルで昼食

今日は11時半に、ストリングスホテルでムトウの武藤常務とランチ。先週からのビジネス展開の打ち合わせをしました。メディアへの売込みなど、いろいろ考えていただいて官舎です。食事は行きつけの「チャイナシャドー」で食べました。すっぽんスープ、小鉢、シュウマイもついています。メインは、豆腐の土鍋煮、若鶏の蒸し物、ねぎ巻き、牛肉と野菜の炒め、を取り分けていただきました。どれも美味ですよー。眺めもいいし、素晴らしいです。私の家から10分なので、ここはよく利用します。

その後は、新橋にてミネルバを訪問し中島社長と面会。来年の戦略などの話を1時間以上しました。広報戦略やマーケテッングについて語りました。こけれらの成長が一段と楽しみです。

夜は田町の欧風カレー「ボンディー」でチキンカレーを食べて帰宅しました。明日はミネルバで研修を朝から行います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月12日 (火)

冬の京都

なかなか風情がありますよ。特に嵐山はライトアップをしていて、幻想的です。是非出かけてみてください。あと「すっぽん」で有名な「大市」はお勧めです。コラーゲンたっぷり、真っ白なすっぽん鍋で身も心も温まります。

ホテルであればブライトンがいいですねー。接客も食事も美味しいですし、部屋が広いのが魅力的です。私は毎回、ここが定宿です。旅館なら柊家かなと思います。それから大原のほうでは、不断桜が咲いているので、またそれも乙なもの。

楽しみは尽きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

本間正明氏のモラル

愛人との東京生活が暴露されたようですね。。もともとそのような噂があった人なので、やっぱりというのが小生の感想。ご本人は、8万円弱で原宿で立派な官舎に入居しています。月に2,3回しか諮問会議はないくせに、東京に官舎を借りること自体不可解です。まったく、実績もない学者の上に、政治家に媚びてどうしようもない人間です。馬脚を現したといえます。

竹中氏とは旧知の仲。というのも竹中氏は一橋で博士号が取れずに阪大へ。そこで大変世話になったのが本間氏。その恩で、本間氏を抜擢し、諮問会議委員やら税調トップにしたわけです。

石さんも私はどうかと思うことも多々ありましたが、本間氏よりははるかに学者としても立派です。本間さんにも襟を正していただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

経済産業省・上山室長に会いました。

今日は11時から経済産業省の上山さんに会いました。氏は伝統的工芸品の促進に従事しているキャリア官僚です。何しろ、生活スタイルの変化とグローバル化で、伝統品は押されるばかり。どうしたら、新しい品が生まれ、かつ職人の技の伝承ができるかに頭を使われています。私も仕事柄、漆器などのお客さんがいるので、非常に有意義な意見交換ができました。

結構、役所は促進策に取り組んでいます。補助金もあれば、クラスターなど、頑張っていますが、いかんせん、広告費がとれないのでなかなかアピールができないそうです。しかし、当方が来年発表するサイトにも大いに役に立ちそうな情報がいただけ、かつこちらも上山さんに協力できそうなこともありました。今後が楽しみです。

お昼は岩崎と、60周年の新橋の新橋亭へ。美味しい鱶鰭姿煮丼を食べてコラーゲン補充。ミニサラダ、杏仁豆腐もついています。ここは安倍首相も来て鱶鰭姿煮を食べます。庶民的な味ですが、安心して入れるいい店です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月10日 (日)

コンラッド

今日は英訳の仕事をしていました。午後は、コンラッドホテルへ。浜離宮を見下ろす最高のロケーションでお茶。結婚式が多いらしく、艶やかな方々が多かったです。昨日と異なり、暖かかったのもよかったですね。

コンラッドは都内の新しいホテルでは珍しく気に入っています。ロビーの天井も高め、景色も良好、サービスもいい方です。

マンダリンもよくないし、これから来るリッツもよくないらしいですね。フォーシーズン丸の内に至っては最悪の造作。。最近は本当にゆったりできるホテルがありません。哀しい限りですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

安倍晋三と道路問題

道路問題の玉虫色決着で支持率が急落しています。安倍の地元の山口長門市では、「安倍道路」が建設中。たった15キロ前後のちんけな道路で、費用は700億円!これこそ利益誘導以外の何ものでもありません。だから彼らは族議員にいえないわけです。父親・晋太郎の呪縛があるんですね。

いろいろな報道番組で、コメンテーターに浜田幸一が出ていますが、あんな輩が幅を利かすなど不愉快の極みです。教養もないし、そもそも議員時代には無役、暴力団から借金をしてラスベガス事件を起こすなど、品格に欠けます。なぜあんなのをテレビに出すのか不思議です。言っている事もボケ老人といい勝負ですしね。本当にマスコミの見識を疑います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

「トゥモローランド」を観ました。

今夜は、鶏肉ソテー・バルサミコソースを自宅で食べました。あとは水餃子、ひじき、ご飯でした。お昼は、資生堂パーラーにてミックスサンドをいただきました。冷たい雨、寒かったですねー。でも銀座は混んでいました。

今日は珍しく、マリオンで映画を観ました。「トゥモローランド」でしたが、余りにもひどいバイオレント映画でがっかり。ストーリーも練られていなくて、極めて陳腐。興ざめもいいところです。観る必要性はゼロです。

その後は、自宅で翻訳作業で頭に汗をかきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

山海嘉之先生を招いて「黎明の会」

私が尊敬する筑波大学大学院教授の山海先生をお招きして黎明の会でした。先生は真のノーベル賞候補です。テーマは人工臓器とロボットスーツです。何しろ、感覚が超人的!人間の感情を読み取る機械や、感情の定量化など凡人にはおよそ想像できないことをやってのけておられます。詳しくは、http://samlab.kz.tsukuba.ac.jp

をどうぞ!最先端テクノロジーと知の凄さを実感していただけます。介護や危ない作業などはこのロボットスーツでできそうな感じです。これこそ革命といえるでしょう。

会員も大変喜んでいただき、坐来にて美味しい大分の海の幸に大喜び。おおいに啓発された夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハードロックカフェが売却されるようです。

結構、人気があったハードロックカフェが売却されるようです。私もロスではたまに行きました。日本でも何店かありますよね。WDIの清水社長が運営されていますが、どうなるんでしょう。他人事ながら心配です。WDIはスパゴも経営してましたが、閉店。あまりいい状態ではないはずです。

それにしてもこのようなロックはなかなか今時は受けないみたいですね。リピートさせることが難しいでしょうね。私の友人、NOBUも青山から消えました。SOHOの月川蘇豊氏は経営手腕はありません。それにしても外食は浮き沈みが激しい分野ですね。ある意味、ここで生き残っている人には敬意を表します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

昨日のオペラ

歌手は下原千恵子、光岡暁恵、砂川涼子、そして村上敏明さんの4人。女性は全員素敵なソプラノで、村上さんはテナーです。曲はヴェルディー「マクベス」、ドニゼッティー「ルチア」、プッチー二「ラボエーム」でした。すばらしい競演で、特に砂川さんは圧巻でした。

ところで、三洋電機はもういけませんね。このような難局は創業家ではまず無理でしょう。服部さんも解任されたくらいですから。。野中女史と共に身を引くべきでしょう。そのかわり三洋の名前が残ることを選ばれるのが賢明といえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

音楽文化同好会のパーティー

新高輪プリンスで行いました。曲はヴェルディー「マクベス」、プッチーニ「ラボエーム」などでした。それは素晴らしいソプラノとテナーの競演。うっとり陶酔しましたね。来ていた方も、林参議院議員、五十嵐喜芳氏、遠藤安彦元自治事務次官、羽田元総理、石田寛人日本科学未来館総館長、吉村融先生、中山二期会社長などの面々。親しくさせていただき感謝です。

今回はビンゴもなかったので、会員と親睦を深めることができて有意義でした。残念ながら小泉さんは来ませんでしたね。

昼間は親しくさせていただいているムトウの武藤常務に第一ホテルで会い、今後の仕事の打ち合わせと意見交換をしました。貴重なアイデアをいただきました。また来週、会う予定です。そして秘書の岩崎とロイヤルパークにてお茶をして、簡単な打ち合わせ。話も進展し、よかったです。

今夜のオペラの詳細は明日書きますね!

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 6日 (水)

マルチウェーブにて打ち合わせ。

お別れの買いの後は、井上さんとサイトの打ち合わせでした。だいぶ中身が詰まってきました。この様子だと、1月25日前後にはオープンできそうです。まずはよかったです。今夜は自宅で夕飯です。豚の角煮(圧力鍋でじっくり料理)生ズワイ蟹、これはもう冬最高の味です。北海道からのお届け、グリーンサラダ、アサリの味噌汁(これも北海道)でした。

このように旬の味覚が届くのが何よりの楽しみです。皆様に感謝です。明日は、音楽文化同好会が夜あるので、オペラでクリスマスパーティー。久しぶりにソニーの盛田未亡人や小泉純一郎前総理に会えそうです。

ですから小泉さんとは総理になる前は、結構よく会っていました。本当にオペラ好きです。私も中学生くらいから、出ていたのでたくさん知り合いがおります。あとはリクルート江副氏、森元総理、赤松良子女史、海部元総理など多士済々。政財界中心に学識経験者も多数います。本当に楽しみな会なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スズデン創業者のお別れの会

今日は帝国ホテルにお別れの会に行きました。さすが東証2部上場とあり、盛況でした。主賓はヤマギワ会長とオムロンの立石会長。立石さんとは、京都でお目にかかったことあり、久しぶりでした。特に祇園の「千子」ではお会いします。スズデンの社是は「誠実」。まさにその言葉を地で行くような会社です。

お清め会場では、吉兆、なだ万、寿司田、鮨源、嘉門などが並び、お鮨、そば、天麩羅、ステーキをその場で作ってくれます。本当に贅沢ですよねー。特にサーモンはきれいで、圧巻、あとはオマール海老のカレーは逸品でした。

様々な方との出会いもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天・野村監督に会いました。

今夜は銀座資生堂で、野村監督に会いました。ぬーっとした感じでしたね。奥方はいなかったのでよかったです。食事は彼としたわけではありません。今夜はたまに顔を出すアドリブに行きました。ワインを3種類楽しみました。食事は、ブータンノワール(豚の血合いのソーセージ)、ホタテのソテーの温サラダ、チーズ盛り合わせ、牛の内臓のソテーグラタン仕立て、ラタトゥーユをいただきました。全て美味です。

ここは非常にカジュアルで、美味しい。たまに洋風おでんも出します。私なんかは一人で寄ってカウンターでワインとブータンノワールを食べて帰るくらいです。

一度ぜひお試しください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

ムービー撮影

をミネルバグループ本社にてしました。お相手は社長の中島さんで、ミネルバのブランド戦略などを縦横無尽に語っていただきました。経営理念、哲学そしてIPOへの目的や、今後の目標など、しっかりとご自身の言葉で語っていただき、素晴らしいIR・PRムービーが撮影できたと思います。あとは編集し、載せるのが今から楽しみです。

夜は、銀座の蕎麦屋「利久庵」にてもりそばを食べました。あっさりとした蕎麦はいつ食べても美味しいです。お汁もちょうどよく、出汁がしっかり利いています。そして和光の近くにある喫茶店「凛」でアッサムとチーズケーキを食べました。やはりデザートはいいですよね!ソーサーとケーキ皿が同じで、凝っています。隣はとてつもなくうるさかったですが、雰囲気はゆったりしていました。なかなかの穴場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の株価

上がるのか下がるのか、はっきりしない展開ですね。やはりアメリカの景気動向への心配、特に住宅と個人消費。ただクリスマス商戦は好調ですね。この消費がアメリカのほとんどを占めるんです。あとは、住宅バブルが山ですね。ここが崩れると、逆資産効果で一気に株も下がります。

ドルは多分、安く調整するでしょうし、日本の株価もはっきりしないでしょう。為替は110円近辺に行くと考えられます。また株は特に新興市場は厳しいと思います。ただBRICSの勃興で、機械関連は日本の独壇場になると考えます。欧米は集中と選択で、不採算な機械部門を切ってしまったからなんです。

まだ日本の活躍の場はあるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 3日 (日)

六町でコンサート。

林化工機の村山さんのエレクトーンのコンサートに行きました。場所は誰も知らない六町。つくばエクスプレスで行きます。のどかで、風光明媚、東京の広さを実感しました。引かれた曲は情熱大陸と大地の鼓動。素晴らしい演奏でした。。めりはりがあって、プロ並みですね。

その後は焼肉を食べに村山さん一家と竹の塚へ。ここは平城苑というレストラン。1頭買いなので美味しい!特上ロース、カルビ、タンをいただき、サンチユ、ユッケ。〆は冷麺でした。確かに肉質もいいし、雰囲気の上々。GOODでした。

すっかりお腹一杯で、帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

モンスーンカフェ

青山で税理士の卵・大木さんと青山で食事しました。モンスーンカフェで今夜はエスニック。お肉の串焼き、春巻きのさっぱりしたサラダ、など久しぶりにこうゆう料理を食べました。驚いたのは、NOBUが消えていたことです。久しく行きませんでしたが、まさかですね。更地になっていました。。

大木さんは、税理士を目指して奮闘中、将来は起業を考えているらしいです。このような話は触発されますね。

明日は六町に行きます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小泉チルドレンの甘え

佐藤ゆかり、片山さつきが委員会を無断欠席し、つまらない言い訳をしていました。この二人、議員の自覚がないばかりか、「復党問題」でごねています。そもそも彼らは「刺客」で登場しました。刺客は普通、相手と刺し違えて自分も犠牲になるわけですから、「使い捨て」なんですよ、本来。ずっと生きようという魂胆が汚い。竹下さんも言ってましたが、「歌手1年、総理2年の使い捨て」です。陣笠代議士など、ポイ捨てですよ。あとは実力で選挙に勝つんですよ。

彼らは完全に甘えています。もし安倍総理の対応にどうしても納得しないのであれば、自民党を訴えればいいんです。勝つかどうかはわかりませんが。そんなことすれば、誰からも相手にされないでしょうね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

囲碁

Photo_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

囲碁教室でした。

今夜は待望の栗田瑞夫さん主催「囲碁教室」。風邪で何人かこれませんでしたが、しっかり勉強できました。ドリルもプレゼントしていただき、宿題もいただきました。18日までしっかりやっていきます!

夕飯は市谷の安いレストラン「グリーンボア」にて。オリーブ、マルゲリータピザ、鶏肉とじゃがいものスパイシー炒め、ホタテとアボカドのタルタル、きのこと生ハムのクリームパスタでした。3人で7500円という安さと美味しさです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

社外取締役制度は機能しているか?

「経営はファッション」に近くなってしまったと思います。定見のない俗物が、俗説で新しい経営論を振りかざすわけです。例えば社外取締役。オリックスの宮内氏やダイキンの井上氏は社外取締役業者と有名ですが、彼らは真に機能しているのでしょうか?たまにしか本業があるため相手先の取締役会議に出れず、委任状だけなんではないでしょうかね。社外取締役は所詮社外であり、中身までそこまでわかりません。それにロイヤルティーだって高くない。有名どころを適当に揃えて、はいおしまいです。

もう一つは執行役員制度。これもくだらない。何を執行しているのでしょうか?取締役との厳密な違いは?まずないでしょうね。要は、役員にはできないが、ヒラで終わらせられない人間を上げるポストです。第2の「一丁上がり」です。制度を導入するのはいいですが、その制度がどう運用され、結果がどうなのか、フォローアップが不可欠です。

このように気分やムードで経営を動かすと、社内は大混乱です。よくよく経営陣の皆さん、考えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »