« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

日本科学未来館、二期会に行きました。

午前中は台場の日本科学未来館に総館長の石田寛人さんを訪問しました。石田さんは音楽文化同好会でご一緒しています。氏は科学技術庁事務次官まで務められた方で、原子力政策の専門家です。また金沢の大学でも学長をされています。今日は原子力から子供の科学離れ、教育論まで幅広く意見交換をしました。

午後は、日本のオペラの代表格・二期会の中山欽吾さんを訪問。私は大のオペラ好きでよく行くんです。今日は弊社の新しいサイトの文化的なコンテンツとしてオペラを取り上げたいと思い、代表の中山氏に頼みに行ったのです。二期会は全員日本人で構成しており、佐藤しのぶや錦織健なども輩出しています。ただ、いかんせん興行的には厳しく、裾野を広げていきたいといわれていました。

今日はまったくの異文化に触れられたすばらしい一日でした。お二人とも専門の枠に囚われず、幅広い教養を持たれています。真の教養人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月27日 (火)

三好正也さんと会いました。

経団連元事務総長の三好さんと銀座で会いました。事務総長として斉藤、豊田、平岩、に仕えた方です。博学で豪快、素敵な方なんです。今日は財界についてと、小生のビジネスへの支援のお願いに行きました。プレス対応、要人対応、警察など幅広く財界の軸を支えるトップが三好さんでした。たぶん、生き字引といったところです。経団連のあとは、J-WAVEの社長、会長を務めました。そして今は森ビル顧問と、自分で銀座にオフィスを構えて活躍されています。

今日はこれがメインであとはのんびりでした。夜は自宅で野菜スープ、(かぼちゃ、青梗菜、ハス、きのこ、にんじん、じゃがいも)をたっぷり食べました。そして鰯と鯖を食べたんです。健康的で美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月26日 (月)

対談の収録

今朝は南原晃・元日銀理事と対談の収録。テーマは企業の人材育成について2時間たっぷり縦横無尽に語りました。さすが博学、そして口調もエキサイティング、いいものができたと思っています。また来月2回目を行います。

お昼は神田で食事をし、夜は囲碁でした。栗田さんの指導のもとしっかりと勉強しました。でも今回は惨敗でした。残念無念、おさらいし直しです。。

夕食は珍しく、神楽坂飯店で焼きそばと餃子。ここは有名で、大食い選手権の舞台になっています。また有名人も多数来ます。羽田元総理も常連で、昔はよくご一緒しました。でも値段は廉価で、一人1000円でおなかいっぱいの良心的なお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年2月25日 (日)

祇園「KOBAN屋」で夕食

昨日は滋賀草津のアールシステム社長の阪下を訪問し、インタビュー撮影をしました。長時間でしたが、上首尾でご協力に感謝です。それにしてもさむかったです!朝方は雪もちらつきました。

夜は祇園で食事をしました。ここは和洋折衷のビストロです。カウンターも個室もありおしゃれな雰囲気。ここの主人の小林さんは阪下さんの義理の弟さんです。食べ物も凝っていて、フォアグラソテー、鯛のカルパッチョ、きのこのサラダ、イベリコ豚ソテー、などを食べ、焼酎や日本酒も充実でした。本当に美味しいお店です。

その後は、祇園「パライソ」で飲みまして、手慰みのマジックを見せました。何とかうまくいきほっと一息。ブラブラ歩きながら、ねぎ焼き「千枝」で軽くビールとねぎ焼きを食べ、まったく見ず知らずの「山とみ」のおかんと知り合いました。不思議な縁ですね。。

それにしてもよく飲み、よく食べ、大満足でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月24日 (土)

暴力団と企業

暴力団との決別を宣言している企業は全体の3割という警視庁からのレポートがありました。コンプライアンス宣言など言っている割には実態はお粗末ですね。最近では議員を脅迫した不動産屋と草津前市長、三菱UFJの不正融資などなど、出てきています。

UFJなども暴力団とどっぷり浸かっています。くだらん柵に絡めとられ、爛れた関係が継続しているわけです。反社会勢力とは、やはり企業として毅然と対応すべきであって個人レベルのモラルに矮小化すべきではありません。

だいだい不祥事とは組織全体の問題に決まっているわけで、個人に押し付けるだけでは何の解決にもならないんです。

少なくとも上場企業からこのような不祥事が出ないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年2月23日 (金)

祇園の夜

今日は朝は大阪でIFPの野間社長とお会いし、打ち合わせ。上場準備もしっかり整ってきています。お昼は杉山顧問とカレーを「辛来飯」で食べました。ここは本当にマニア向けのカレー屋です。主人は虎キチです。カレーも鶏の唐揚げが5本、長いソーセージが2本ついて800円。おかみさんもブツブツ言いながらサービスしています。不思議な店でした。でも味はおいしいですよ、店は汚いですが。。

そして京都ヘ移動し井助商店の沖野社長と会議をしてブライトンにチェックイン。夜は江後経営の江後先生と北川専務と打ち合わせ兼会食。四条新町の「いち」に行きました。若いオーナーでたん熊で修業した本格派です。

会席コースをいただき、寒ぶり塩焼き、すっぽん丸鍋が絶品でした。また行きたいお店です。そして2次会は祇園の「アンティーク・ローズ」にて魔王とバランタインを痛飲。楽しい夜でした。明日は滋賀にて仕事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西への出張

今日はこれから京都、大坂、滋賀へ出張です。どんな2泊3日になるか楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月22日 (木)

銀座「おぐ羅」

今夜は銀座で高級おでんでした。ここは本当に気さくな感じですが、値段は立派です。まずはかつおのたたきを食べ、初物を満喫。そして若竹煮もです。歯応え、香りともにいいですね。そしておでんは、ロールキャベツ、厚揚げ、豆腐、がんも、昆布、蕗を食べました。味が染みて抜群です。

〆はお茶漬け。なんと茶飯におでんの出汁をかけます。これがえも言われぬおいしさです。お客も40-50代のエグゼクティブが多く、非常に落ち着いています。またここの親父がいい男です。

一度はぜひ試してください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日銀の利上げについて

日銀がやっとこさ金利をほんの少し正常化させました。ここまでやるのに政治も大騒ぎに。こんな国、本当に珍しいです。だいたい一般紙がコールレートなどを1面に扱うなど、普通ではない話です。欧米でも経済紙であればわかりますが、NYタイムスの一面には少なくとも載りません。

コールレートは極めて技術的な話であり、多分世の中の人の大半はわかっていません。地方の経営者おじさんに話したところでチンプンカンプンなはずです。言い換えればそれだけ専門的であり、ある意味大局的には瑣末なことです。

しかし、日本では金融政策が政治化されており、政争の道具と化すのでこのように書かれるわけです。これは真に由々しきことであります。岩田副総裁が反対したとか、ありますが彼はそのような人間であり自明です。

もう少し安定した議論を願いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月21日 (水)

中川幹事長「絶対的な忠誠心」

中川幹事長が講演でそのように語ったようですね。それにしてもレベルが低い。。閣議で総理が入室しても起立しない、しゃべっている、など考えられません。企業でいえば、社長が話している間に私語を慎まない、挨拶しないことと同じです。もしこれが内閣の連中の態度なら相当ひどいものです。人間としてです。

当選回数などで安倍氏を軽く見ているのであれば、それはお門違いです。やはりリーダーですし、何より皆で選んだのですから忠誠は尽くすべきでしょう。発足間もないときに内閣改造などしたら情けない話です。

モラルは持っていただきたいものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小泉前首相と鈍感力

安倍さんに「もっと鈍感になれ!」とアドバイスをしたそうです。さすが小泉流のアドバイス。彼ほど、丸投げでやった人もいないわけで、確かに鈍感かもしれません。しかし。また彼ほど支持率に敏感な人間もいませんでした。支持率が下がると北朝鮮に出かけたり、ハンセン病問題を使ったりと、あの手この手のオンパレード。彼は実は超敏感なんです。

翻って経営者も目先の利益ばかりではうまくいきません。経営こそ長期的視点が不可欠です。目先の時価総額やら予算に追われると不正が起こります。残念ながら近視眼的経営がアメリカから導入され、落ち着いた経営ができなくなっています。(特に上場企業)

ある意味、非上場企業や同族の方がよほど、「鈍感に」経営ができるといえます。やはり企業は、ゴーイングコンサーンが基本ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月20日 (火)

安部総理に会いました。

今日はお世話になった諸井虔さんのお別れの会でした。オークラでかなりの人数が来て盛況でした。安部総理も万難を拝して見えられ、小生と会場へ。ちょっと疲れているようでしたね。彼がまだ若い議員のころは知っています。さすが重鎮とあって各界の大物がずらいでした。

読売グループ・渡邉恒雄氏とも挨拶、しばし歓談。そして経団連事務総長・三好さんや味の素・歌田さん、栗田さん、相沢英之氏、武藤嘉文氏などなど。ざっと3000人くらいはいたでしょうか。それにしても亡くなったのは残念至極、いろんなことを教示いただきました。

食事ももちろんしっかり、すし、中華、フレンチなど食べました。オマールやローストビーフ、雛鳥ローストなども絶品でした。久兵衛、桃花林、山里などレストランが総出で、なかなか豪勢でした。しかも和食の小鉢が多く、驚きましたね。雲丹やマグロやまかけ、ひらめ薄造りなどです。そして煮物もよかったです。

今日はこれから岩崎と滋賀までいくので、早々に切り上げ東京駅へと行きました。

新しいサイトのインタビューで滋賀建機の蔭山会長に会っていました。5時から1時間、充実のインタビューが撮れ、双方満足。そしてまた一路、東京へー。なんともバタバタした日でした。でも収穫があり本当に感謝の1日です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月19日 (月)

都知事選挙は?

民主党の候補者選びが迷走しています。毎度のことですが人材難を痛感しますね。浅野さんも宮城を辞めたばかりで立候補することはまずありえません。また管氏も選挙に弱いので、衆院議員を辞めて出ることはまず無理なんです。これだけ断られると、出るほうも勇気がいりますよ。

いっそ小泉前総理に三顧の礼で頼むしかないかもしれません。彼なら選挙に強いし、もう未練もないでしょうしすぐ乗るかもしれません。目立ちたがり屋ですから石原とはいい勝負になるでしょう。双方ポピュリスト、明快単純で盛り上がるでしょうね。小泉氏はもともと節操がないわけですから、民主から出ても変な話ではないですよね。

このくらいのサプライズを民主も考えないと、参院選はおろか早晩潰れてしまうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月18日 (日)

東京マラソン

今日は有楽町・銀座に行きましたので、東京マラソンに遭遇しました。お祭り好きの石原知事らしく、大騒ぎでした。それにしても交通閉鎖などで環境は最悪でした。一般ランナーは雨合羽を着て走っていたりと、かなりいい加減なものでした。あんなもの着ていてはまともに走れるわけがない。しかし、このようなイベントを毎年やるんでしょうか?青梅だけで十分でしょう。

お昼はまたパントリーで、ターキーとクランベリーのサンドイッチを食べました。そして丸ビルでシャツを2枚買い込みました。雨も午後には上がり助かりました。今週は関西出張がかなりあります。体調を整えて乗り切ります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

吉田さんちの豚

今夜は銀座のオザミ・デ・ヴァンにて夕食。ここは数百本のワインを有する最高のワインバーです。グラスワインだけで12種類以上あります。今日はブルゴーニュ、ボルドーを4杯いただきましたが、どれも絶品でした。このお店は新宿にもあり、私もよく行きます。

食事は温野菜盛りあわせ、オリーブ、骨付き生ハム、メインは吉田家の豚のソテーでした。それにしてもこのボリュームは圧巻です。かつ脂のジューシーで甘いこと!!頬が落ちるという表現が妥当です。非常に幸せな夕食でした。

天気は残念ながら下り坂ですね。雨がしとしと降っています。風邪など引かれないようにしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一体感をどう生み出すか?

企業におけるロイヤルティーが問題になってきています。雇用形態の変化に伴い、非正社員化が効率化の名の下に進んでいます。効率性も重要ですが、一体感を生み出せなくては企業は死んでしまいます。今までではなかった意識や一体感の希薄さが問題になってきています。

これを1発で解決する方法などありませんが、1つの策は会社運動会などをやること。団体スポーツを通じて、お互いのコミュニケーションや、リーダーシップについて学べます。そして何より一体化できるわけです。昔は運動会が当たり前のようにありましたが、最近では経費削減で行うところが少ないようです。また本格的なスポーツ部も廃部に追い込まれたりと状況は一変しています。

ITが跋扈する中、本来のコミュニケーションや、連帯感はやはりアナログの中にあるのでしょう。運動会とまでは言いませんが、社員旅行などもすることは大切であると考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月16日 (金)

札幌にて

今日は札幌出張です。昼間は北洋銀行の横内頭取と打ち合わせをしてました。北洋は札幌銀行と経営統合をします。ですから、システム統合や人事などでかなりの力仕事が待っており、横内頭取もなかなか大変そうです。また経済も巷で言われるほど道内では強くないので、客の開拓が課題だそうです。しかし、暖冬とはいえ雪祭りは史上最大の210万人が訪れ特需になったとのことです。あとはやはり野球ですね。

夜は道東ライフの池田さんと痛飲。なぜか美味しい秋田料理へ。なごみというお店で、店長の佐藤さんもすばらしい人でした。比内地鶏を堪能しました。焼き鳥、もつ煮、冷酒に焼酎。。(写真をお楽しみに。)焼きも、つくね、もも、軟骨、玉ねぎ、レバーなどが出ました。その後はスナックへ行きました。景気は悪いですね。。。

勝手なことを話させていただき、恐縮至極。(と言いながらたいしてしてません。)

ではおやすみなさい。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年2月15日 (木)

産総研・柴田崇徳さん

今夜は柴田崇徳さんを招いて黎明の会を行いました。氏は「パロ」というアザラシの癒し系ロボットの第一人者です。MITでも研究員を務めるエリートです。今日はロボット論や癒しのマーケット創造、など盛りだくさんのお話でした。

このアザラシ、兵です。まずはhttp://www.paro.jp を見てください。感動されますよ。

それにしても産総研の人材は本当に素晴らしい、そして奥深いです。このような人材と巡り会いますと、日本の底力を感じます。

刺激に満ちた夜でした。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニチレイ淺原さんお別れの会

今日は帝国ホテルでお別れの会に参列しました。さすが冷食の大手ニチレイとあって盛大なものでした。多分4,5000人はいるでしょうか。菱食の後藤雅治社長、丸紅の勝俣社長、味の素の歌田さんなど、久しぶりの方にも会え、話が弾みました。残念ながらニチレイの金田さんには会えませんでしたが。。なかなかお互い忙しく、オフィスで会えないことが多いのですが、このような形で再会すると、人間関係の維持にもなりいいですね。

食事ももちろん帝国ですから、お鮨、ローストビーフ、ラム、オマール海老など豪勢でした。面白いのは、ニチレイの商品、チャーハンや焼きおにぎりなども提供し、しっかり商品をアピールしていました。いい宣伝だと思います。そして主力・アセロラドリンクも大盤振る舞いで、ビタミンをしっかり補給しました。

心残りは。。最後に1本でもお土産のアセロラでもいただければ最高でしたね。。ま、贅沢ということでしょうか。

今夜は神田で黎明の会です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月14日 (水)

韓国料理「はいやく」

今夜は東銀座の「はいやく」に行きました。ここは薬膳韓国料理の名店で、女性には特にうってつけです。薬剤師さんがきちんと居りまして、漢方を配合する念の入れようです。よく私は行きまして、海鮮鍋などを食べます。また女性には痩身メニューなど工夫した内容で魅力がありますよ。

今回はサムゲタンを食べました。コースでしたので、前菜から始まり鮮魚はマグロ、そして牡蠣のチジミ、などが出てきました。どれも味がよく大満足。そしていよいよメインの雛鳥です。しっかり煮込まれ、とろとろコラーゲン一杯、うれしい限りですよー。にんにくも入りスタミナ満点、暖まります。いくらでも食べられるあっさり味で、素晴らしかったです。

デザートはカシスのソルべ。これも果汁がしっかり利いていてよかったです。久しぶりの「はいやく」よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビと演出

過剰演出や「やらせ」、捏造が問題になっています。あるある、は論外にしても、「過剰演出」は本当に問題なんでしょうか?「やらせ」も悪意のあるものとないもの、他人を楽しませるものなど程度はバラバラです。「あるあるー」は捏造であり、事実を歪曲させた行為、完全に悪意に満ちた背信行為です。もしろb罰に処するべきでしょう。

しかし、ものは考えようです。そもそもテレビや芸能界なんていう世界は、実業ではなく「虚業」の世界です。見ているこちらも本来そんなことは承知していなくてはなりません。それを弁えて見ることができるのが大人というもの。芸人同士の掛け合いや、グルメ番組のレポーターなど「やらせ」的要素はたくさんあるわけです。テレビでやっているから正しいのではなく、「うそ」なんです。

公正・誠実さなどの正義を声高に唱えることも結構ですが、所詮エンターテイメントの話であり、虚構なんです。そこんとこ理解しましょうね。過剰に騒ぐほうが、大人気ないような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2007年2月13日 (火)

尾身財務大臣の親バカ

彼の親ばか度は有名です。自分の娘が可愛いのはわかりますが、公然と「有能だ」などと語るのはいかがでしょうか?先日、とあるホテルで尾身氏と会いましたが、そのときも娘がべったり、コバンザメのように寄り添っていました。この夏の参院選に出るらしいですが、落ちること願います。(1回落選しています。)

それにしても、公費で娘のホテル代やら食事代を出させるなど「たかり」です。もともと尾身氏は、贅沢好き、接待されるのが趣味らしいのです。いい料亭に招かれないと臍を曲げるほどのわがままであると、小生の友人が語っていました。想像するに難くありません。

石原といい、尾身といい身びいき、ネポティズムが蔓延ると碌なことにはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月12日 (月)

ニューオータニの庭園めぐり

今日はオータニの庭園を散策しました。枯山水、赤い太鼓橋、池の鯉など風情があります。ここは東京サミットの首脳の記念撮影もしたところです。庭園は無料ですのですごくお得です。

園内に山茶花荘や鉄板焼きの石心亭があり、ここで食事するのもいいですよ。散策後はカフェで庭を見ながらお茶、午後のひと時を過ごしました。

オータニはブティックやレストランも都内有数に充実しています。うまく利用すると非常にいいいと思います。中華はtaikanen, ステーキはリブルーム、フレンチはトゥールダルジャン、など使い分けるといいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新銀行東京の経営問題

石原知事の肝いりで始めた銀行業。結果は無残なまでの大赤字。3年連続赤字は確定で、しかも今期は300億円です。1000億円の資本金も毀損し、経営陣も総退陣します。近々、報道されると思います。しかし、それにしても役人が銀行業に参入するなど余りにも甘い考えです。外形標準課税という大衆迎合、貸し渋り対策など名目は立派でしたが、経営にはどうしてもならないんです。またひどいのは、「民業圧迫」を唱えていた知事が、自分が銀行を作り民間銀行と対峙するとは。。もっとも惨敗なので、自ら「官業圧迫」というところでしょうか。

この問題は多分知事選にも影響があるでしょう。経済政策の無策さを露呈しています。またオリンピックなど財政負担が多くなること考えるとやはり、権力が長くなるとろくなことになりません。石原ファミリーの露骨さは夙に有名です。

もう一つ、政府がフリーターに助成金を出すそうです。なぜ、こんな連中を甘やかすのか意味がわかりません。好きでブラブラしているものに余計なお世話です。彼らは世の中を甘く見ている、親が食わせてくれているんです。ようは親の責任でもあります。フリーターどもは、イラクにでも送り込んでしまうほうがよほど、世のため人のためです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月11日 (日)

pantryにてランチ

丸の内のパントリーでランチをしました。ここはサンドィッチ屋さんで、ツナサンドを食べました。非常にツナが多くてパンから溢れるくらいの気前の良さです。そしてもちろんフライもつきます。脂っこくなくいいですよ。そしてドリンクもつくのですが、私はミネストローネをもらいました。トマトの酸味が利いて、いい味でした。このセットで900円はお得でしょう!?しかも空いていて、穴場ですよ。

その後はビックカメラを見たり、銀座を散歩したりと小春日和を楽しみました。それにしても暖かくてすごしやすいですね。本屋で新刊などを物色しました。家での夕飯はハンバーグステーキでした。それとチリの赤ワイン、相性も良くて満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月10日 (土)

雪と季節感

全く東京で雪が降りません。今日も暖かくコートなしで散歩してました。しかし無雪状態は季節感をなくさせよくありません。短歌俳句の世界でも雪という季語がなくなってしまうかもしれませんし、歌なんかでも作るほうは難しい時代と言えるでしょう。百人一首にも雪は多く登場しますし、忠臣蔵なども雪の舞台でした。歌も雪に関するものが多いですよね、特に演歌は。

食べ物でも鍋物など食べたい気分ではありませんし、実際今年は鍋を囲んでません。日本は本来、四季があり、食の楽園でしたがこのような暖冬と猛暑によってどんどんその美点が失せていくのは残念な限りです。

アメリカのような単調な文化、食になってしまうのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

どうせ死ぬんだから。。

今日は朝はミネルバグループで研修を行いました。お昼は新橋・末げんにて「親子丼」をいただきました。ここの鳥はそぼろで卵はふわふわで美味しいです。さすが明治からの老舗です。

そしてオフィスに行き、夜は霞ヶ関ビルで共同参画研究会で村田アソシエイツ・村田さんの「どうする団塊?」の講演を聴きました。ユーモアたっぷり話も上手で勉強にもなりました。この会は知己である坂東眞理子さんの主宰です。彼女は4月に昭和女子大の学長になります!ここで、順天堂病院の病理学の先生が人に怒らないでいる方法として、「どうせ死ぬんだから。。」と思いなさいと言われました。どうせ死ぬんだから、と考えれば怒らないですむと。。蓋し名言です。こう考えると達観でき、怒ることが無意味になります。

さて、夜は新橋でまた鳥。「古今亭」で焼き鳥でした。盛り合わせはボリューム満点、そして美味なもつ煮、牡蠣フライでした。なかなかの味の名店で、混雑しています。それにしてもここのお肉は素晴らしいです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ヘンダーソン夫人の贈り物』を見ました。

東急文化村で映画を観ました。主演は名女優・ジュディー・デンチです。彼女は脇が多かったですが、これは主演、フルコースの料理を味合うような素晴らしさ、彼女の存在感で最初から最後まで引っ張ります。中身はここでは話しませんが、実話であってヘンダーソン夫人がロンドンで劇場を開き、当時はご法度であったヌードショーを行う。。という話です。

お高く止まった老貴婦人をデンチが演じ、劇場の支配人との演技も抜群。ここは満点です。そして芸人たちの個性もそれぞれ出ていてよかったです。ただ、軍人と女優との恋愛ストーリーがエピソードで入りますが、これが何か蛇足的で映画の締りをなくします。

そしてラストのデンチのスピーチ(ここがクライマックス)も取ってつけた感は否めないんですね。ちょっと残念です。でもラストダンスは哀愁も漂いGOODでした。機会あればぜひ彼女の演技を見てください。

見終えたあとは、館内レストランで食事。フレンチでした。メインはいのしし肉のソテー、オニオングラタンスープ、子牛のパテ、デザートでした。それぞれ大変美味しく、しかも廉価でした。満足です。

映画は本当にいいものですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

多忙な2月です。

世間では2月8月は閑散期といわれますが、小生の2月は多忙です。というのも出張が結構あるからです。例えば、今週の金曜は京都へ日帰り、来週は北海道へ行きます。そして月末は滋賀、大阪、京都と長丁場です。

引き合いが出るのは大変嬉しいことで、感謝しきりです。あとは体調管理だけはしませんとご迷惑をおかけしますので、それだけが気がかりです。いいリフレッシュと、美味しいものをしっかり食べて乗り切らないといけませんね。

それにしても、今の70代前後の名を成した経営者は矍鑠としています。いい緊張感と仕事、遊びがうまくマッチしているんでしょうね。若い人ほど、疲れてみえます。情けない話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

日経調のパーティー

今日は小生が入っている日経調にてパーティーがありました。会場はKKRで立食パーティーでした。ここは昔の竹橋会館、地下鉄直結で便利です。おなじみのメルシャン鈴木さん、ANA野村さん、東大の渥美名誉教授、SONYの伊庭さん、経団連元事務局長・三好さん、そして福川さんたちと歓談。もちろん囲碁でお世話になっている栗田さんもいらしてました。食事は和洋中心、お寿司もでました。そして黒山椒入りのカレーが美味しかったです。あとは前菜やパスタ、サラダなどが盛りだくさん。しっかりいただきました。

久しぶりに会う人もいるので、話に花が咲きいい新年会でした。特に渥美先生とは統合医療の問題で意気投合し、面白い企画ができそうです。人の縁はどうなるのか分かりませんね。諸井さんが亡くなられ、本当に残念です。

昼間はオフィスで打ち合わせをしていました。

充実の1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

東国原知事の怒り

県庁人事で注目されています。対立候補であった持永氏を副知事にするという情報が流れ、昨日定例記者会見ではかなりの苛立ちを見せていました。持永氏は選挙で争った候補、しかしそれを副知事に招聘するとは何事だというのがメディアの考えのようです。

個人的には、誰を副知事にしてもいいと思います。昨日の敵は今日の友、戦国武将でも敵を味方にして大きな功績を残した人物もいますし、対立してもその個人が有能であれば登用するという懐の深さがあって、リーダーたるもの不可欠です。

しかも、この人事情報はメディアが勝手にリークしただけであって、知事が述べているものではないんです。ここでもメディアの一人相撲の感は否めないんです。昨日のように単細胞な記者どもを一喝するくらいのことは当たり前です。このような緊張感がメディアと政治家には必要です。

ところで、昨日大阪でホームレスが巣食っている公園で強制撤去があったそうです。ホームレスとその支援者が反対し、押し問答があったようですが、これも全くひどい話です。連中は人権を訴え、公共の空間に住んで何が悪いという論理です。悪いんです、あんたの頭とその論理が。。公共性とは「誰にも迷惑をかけてはいけない」という意味です。ですから公共スペースでは静かにしますし、走ったらいけない、危ないことをしてはいけないんです。公共性と自由性は相矛盾する概念であると確認していただきたい。

そんな基本も理解せず、むさい連中が公共の公園を私物化することは権利でもなんでもないんです。人権など片腹痛い話です。そもそも人権なんぞ、近代進歩主義が「捏造」した幻想なんですから。。もう少し、近代哲学を勉強してくださいね。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2007年2月 5日 (月)

カフェウィーンにて夕食

今夜は三越のカフェウィーンにてビーフシチューを濱田和子さんと食べました。ここは二人でアップルパイを良く食べますが、シチューは初めてです。お肉は値段が値段もありあまり柔らかくなく、いまいちでした。マッシュルームは美味しかったです。やはりデザートだけのほうがいいようです。

日本橋は本当に食べることろが貧困です。センス悪くて高いか、センス悪くて安いかです。どっちも困ったもの。例えば、天ぷら「はやし」でここは夜は3万くらい。そしてみのもんたが常連、長島茂雄や白洲次郎も通ったステーキ屋「誠」は、昼のステーキとご飯だけで13000円、夜は3万です。こんなことではサービス、愛想共に悪く誰も行かなくなります。

どうにかしていただきたいですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月 4日 (日)

広尾「ホームワークス」にてランチ

風が強いものの、いい天気でしたね。今日は有栖川公園で散歩をしました。子供たちで公園は賑やかでした。図書館に寄ったりしながら、お昼は広尾のハンバーガー屋さん「ホームワークス」へ行き、ポテトとハーフパウンド・バーガーを食べました。大きなトマト、肉汁たっぷりビーフ、ソースがうまく絡み、絶妙の味。さすがに混んでいます。。フライも程よい大きさで100円は安い!人気店の証拠です。場所柄、外国人も多く雰囲気はアメリカン。その後は、napoliでジェラートを食べました。なんと「パセリ味」。どんなかと思いましたが、後味がさっぱりして美味しいんです。明治屋も寄りましたが、そこでグローバルインシュアランスの柳田社長を見かけました。相手はわからなかったようですが。

広尾から銀座に移動し、ウィンドーショッピングです。ヴィトン、ロエヴェ、グッチなどを物色しました。やはり銀座は賑わっています。そして博品館に行きました。あとは新橋などを歩き、夜は早めにうどんを食べました。場所は常連の「つるとんたん」で「ざるうどん」をすすりました。量もほどよくよかったです。

今夜は母がスキーから帰京、しかし強風で東北新幹線が動かず、東京駅は大混雑だったようです。因みに母は長野からだったので巻き込まれなかったですが。。

今日も充実の休日を楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お笑い芸人とは何者?

所謂、お笑い芸人とは一体どんな人種なんでしょう?こう感じるのは、彼らが全く面白くないということです。別に話が鋭く切れるわけではなく、お笑い芸があるわけでなく、なんだかさっぱり分からない。昔であれば、森繁、三木、伴淳のような喜劇役者、漫才師など確固たる「芸」がありました。それが今では見るも無残な無能集団。。

明石家さんまもただ五月蝿いだけ、話も芸能人仲間しか分からないような暴露話で笑いをとる、あとの連中は体を張って断崖から落ちたり、熱湯をかけられたり、こんなものは芸ではないんです。まして公衆の面前で尻を出して、謹慎処分とは馬鹿もいいところ。あんなトミーズなどクビですよ。

浅草の寄席にはやはり文化があり芸があり、本当の笑いがあるんです。香りというか。。TVの馬鹿芸人は、余りの情けなさに視聴者に「笑われる」からお笑い芸人とも言えます。翻って、経営者もやはり「芸」は必要です。それが魅力になるんです。商品の魅力というより、本人の魅力です。

出る杭は打たれる、といいますが、これは一面の真実でしかありません。出すぎた杭は打たれようがないんです。そこまで突出する芸があれば、誰もとやかく言いませんし、言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 3日 (土)

職人気質の経営者

とくに中小にはこのようなタイプの人が多く見られます。そしてそのほとんどはプライドが高くて始末に終えない。。。自分の商品や作品を大切に思い自信を持つのは大いに結構、しかし、いきすぎるとそれは障害になるわけです。商売は売ってはじめて成り立ちます。売れることが正義となるわけです。これが資本主義の宿命です。

職人気質経営者は頭が高い、アンテナが低い。えらそうにしていて、外へ情報収集するためのアンテナがしっかり立っていないケースが多いです。こんなことでは成長できるわけがないんです。味の素・鈴木三郎助さんが「頭は低く、アンテナは高く」と言われています。

ですから経営が「趣味」になってしまうんです。でも趣味にしては多額の借金をして商売したりと、矛盾が多く出てきます。売る仕組みをしっかり作る、そしていい商品ならすぐ売れるなどの「甘い」考えは捨てないといけません。いい加減なコンサルタントは「これなら、いけますよ!」などと気持ちよいことを言うでしょうが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月 2日 (金)

エアバスVSボーイング

エアバスは本当に経営戦略のない会社です。600人乗りの巨大飛行機を作りましたが、原油が上がったこともあり、まったく売れません。ボーイングは軽い素材で燃費効率を上げ、500人のりを作りました。差は明らかです。

エアバスの戦略の間違いは見事、ここまで外すのも立派です。しかもエアバスはリストラができないんです。なぜなら欧州に工場がいくつかありますが、国にとって工場は雇用確保の場です。ですからリストラは国がさせないという側面があります。板ばさみで大変ですし、下手すればつぶれるかも知れないのです。。

ところでボーイングの創業者は元・木こりさん。要は与作です。ウィリアムボーイングがライト兄弟の飛行話しを聞いて、飛行機時代の到来を予感。まずは郵便からはじめ、小さな旅客機へいき、今があります。

まさにすばらしい夢の具現化、中小企業にも元気が与えられる話です。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

上場廃止か?

日興證券が注目されています。今回の問題の構図はライブドアと同じです。ですから日興を上場廃止にならないとなれば、これこそ信頼を毀損させる問題になります。それにしても前社長・会長はしっかり慰労金を数億もらっているようですね。。何を考えているのやらわかったものではないです。金融庁ももう少し踏み込んでもいいでしょう。

また廃止となれば法人離れ、そしてシティーがどう動くかに焦点が移ります。かなり深刻になるはずです。そして証券会社は2社が大手となるわけです。問題を起こして消えるのは山一と一緒ですね。

今年は本当に企業不祥事、政界問題が多いですね。困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 1日 (木)

株価は8合目

日本の株価は新興市場の落ち込みで、個人投資家がまた離れていると聞いています。そして株価も8合目。。上がる余地は少ないと見ている人が多いとのことです。そのあたりの事情が、どうも不動産ブームを起こし、リートや土地売買の活況に繋がっているのです。

しかし、これもいつかきた道。またバブルではじけて最悪の結果にならないことだけを祈ります。いずれにしても、都心や大阪はもう完全にバブルです。あとはいつはじけるか、誰がババを掴むか、ということに関心がシフトしてきています。

ただ地方はまだまだで、土地も上がっていません。例えば、大分などは供給力過多で、内需は弱いです。そして福岡が近いので、バスや列車で福岡へ行く方も多いのです。このように地方と都心では差がありますが、中心は爆弾を抱えている状態は変わらないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »