« 全国テストは違憲か | トップページ | 自宅ですき焼きを食べました。 »

2007年4月18日 (水)

言論の抹殺

長崎市長が銃撃され死亡しました。なんともアメリカ的な残酷な事件です。アメリカでは大学での凶暴な乱射事件がありました。ただ巻き添えがなかったことが唯一の救いでした。長崎は政治と直接絡み、言論の抹殺につながりかねない、自由を標榜する国としては許せないことです。

選挙には必ず恫喝や嫌がらせなどがつきまといます。しかし、ここまで来れば当局としても厳しい姿勢で臨まねば、世界の笑い者です。県警の警備体制の不備などが問われる可能性もあるでしょう。

夏には、大きな選挙もあります。正しく、粛々と行われる体制を整備していただきたいと思います。

|

« 全国テストは違憲か | トップページ | 自宅ですき焼きを食べました。 »

事件・事故」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言論の抹殺:

« 全国テストは違憲か | トップページ | 自宅ですき焼きを食べました。 »