« 赤坂で仕事でした。 | トップページ | 浦安ブライトン »

2007年5月19日 (土)

警察の体たらく

今回の立てこもり事件の結末は悲劇でしたね。愛知県警も本庁も何をしているのか?指揮系統が完全に麻痺していました。警察官が撃たれて救出されるのに5時間かかり、SATの隊員まで殉職などありえません。普通は一人亡くなれば、即突入です。射殺前提でいくのが本来です。

日本の説得好きの悪い部分が出ました。アメリカであれば、一気に突入し片をつけるでしょう。もっと警察権の強化をしたり、機動性を与え、遠慮をさせていてはいけません。どれだけ人質が大切とはいえ、今回の警察の甘さはあまりにもひどすぎます。

|

« 赤坂で仕事でした。 | トップページ | 浦安ブライトン »

事件・事故」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警察の体たらく:

« 赤坂で仕事でした。 | トップページ | 浦安ブライトン »