« ボナ植木さんとカイロへ | トップページ | 初代・平蔵 »

2008年9月 9日 (火)

祇園ではしご、芸妓さんと一杯

昨晩は、アールシステムの阪下さんと会食でした。久方ぶりの食事会。まずは祇園のふぐの名店「いつ島」へ。非常にマニアックな場所で、驚きました。さすが京都通の辻さんです。食べたものは、メインは松茸と鱧のしゃぶしゃぶ。この料理はよくいただきますが、いつ島のものは絶品!でした。そして刺身は鱧、タイです。これも身が締まりいいですよ。次はアワビの酢の物、圧巻は雲丹の箱盛りで一人1個の贅沢さ。。大満足でしたよ。皆さんもがんばってみつけてください、「いつ島」を。

次の店はクラブ「凪紗」で2時間ほど過ごしました。3軒目祇園のディープなスナック「大仲」。ここも気楽ですが、そこそこの名士が来ている様子。カラオケもできます。4軒目は、お茶屋バー「玖見」へ。

ここは有名店で一力の路地を入ったところです。そして二人の芸妓さんをお呼びして、飲みました。はんなりとしていて風情があっていいですよねーこの玖見はANAの機内誌「翼の王国」で連載されているくらいです。いいお店を紹介していただきました。また必ず行きますよ。

ところで昼間は、伊丹空港に昼に入り、車で名張へ行きました。ここでは居酒屋を経営する石川社長さんという方と会い、打ち合わせをしました。とても有意義な会合でした。

|

« ボナ植木さんとカイロへ | トップページ | 初代・平蔵 »

京都グルメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 祇園ではしご、芸妓さんと一杯:

« ボナ植木さんとカイロへ | トップページ | 初代・平蔵 »