« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

六町へ。「とんでん」でランチ

今日は六町で村山さんのエレクトーンコンサート。ビフォアーアフターのテーマやサンサーンス「動物の謝肉祭」のアレンジなどを聞きました。保塚で行い、午前中に行きました。音響よし、技術よしで素敵な演奏でしたよ。楽器演奏はいいものですよね。

ランチでは「とんでん」というファミレスで北海丼と茶蕎麦定食を食べました。ファミレスでしたから及第点ですね。でも蕎麦は腰があって結構よかったですよ。

その後は、王子へ整体に行きました。首がカチカチで血流が流れていないようです。困ったものです。

今週は長期出張なのでしっかり頑張ります!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月29日 (土)

ソバキチ

金曜はBe-Tileの中野社長さんと中小企業庁へ。メインはJAPAN BRANDの指導を受けることです。杉田さんからの紹介ですので、戸禰課長補佐が担当でした。明快に説明いただき、希望も問題もわかりました。あとはいろんな側面かfら働きかけをするのみです。

そして経済産業省の杉田さんを尋ね、地下の空いているスタバでお茶。お昼は新丸ビルの「ソバキチ」で蕎麦とカツどんセット。なかなかおいしく、惣菜の取り放題もいいですね。眺めもよく話も弾みます。

中野さんは午後の新幹線で滋賀へ。私は夕方から宇宙開発委員会の池上徹彦さんと会いました。世間話メインで楽しい時間でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月28日 (金)

黎明の会は林田英樹さんをお招きしました。

昨晩は国立新美術館館長の林田英樹さんをお招きし「日本の文化力」で講演いただきました。文化力は「寄付力」や日本の美術における貿易収支は大赤字など数字も交えユニークな視点から議論されました。また文化力は観光ともリンクしており、観光立国との兼ね合いや、町に美術館を織り込み作り上げることなど示唆的でした。

たまたま昨日はマジシャン・ナポレオンズのボナ植木さんも来られ賑やかでした。朝は恒例のレッスンだったので、「シンブル」「ウィリアムス」「マネーORラブ」などを習いました。全てそれなりの技術がいるものばかりです。

黎明の会の後の食事はプランタンの裏のスペイン料理屋でメインは「パエリア」をいただきました。皆さんも話しに花が咲き、しかもマジックも見れ、素晴らしい夜でした。感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

総理は持ち回りに限る

総理大臣の器の大きさが昨今問われています。関心はオバマであって麻生にはもはやない模様。挙句の果ては、「誰がなっても一緒だ」などという投げやりな言葉が出る始末。。情けないですよね。

そこで1つ考えうるのは、自民党全員が持ち回りで総理をやるという案です。管轄のある大臣は多少専門性も問われるかもしれませんが、全体の監督業である総理はブレーンもたくさんつけられる訳で、なりたい人が持ち回りでやることのほうが、茶番の選挙を通じて選ばれるよりよほど明快です。そしてその人のパフォーマンスがよければ続投でいいのです。

前代未聞かも知れませんが、こんなやり方でもどうにかなってしまうのが日本なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

麻生総理の器

いよいよ限界点に来たようです。これは麻生総理の賞味期限。軽いというか、単細胞というか、福田康夫の「客観性」よりはいいものの、発言など相当劣悪。医師批判も、確かに一理ありますがあれはお茶の間での話題です。公式発言はありえません。医師のモラルを問うなら、役人、政治家はどうなるのでしょうか?

また、ライス国務長官に会ったときの第一声が「綺麗になったね」だそうです。お世辞のつもりでしょうが、馬鹿の極みです。まずは、退任するのですから、ねぎらいを言うべきでしょう。このあたりがトンチンカンなんですよね。

漢字が読めないという批判もありましたが、これは森元総理もしかりで、原稿の漢字にはルビが振られてました。そのようにすれば麻生さんも安心です。まあ、これも漫画ばかり読んでいる影響なんでしょうか?しかし、何はともあれ麻生さんも厳しい感じです。投げ出すかもしれません。お祖父さんは超えられないということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

京藍染・橋詰清貫さんに会いました。

今回は藍染の橋詰清貫さんにセミナーで会いました。手はもう藍で真っ青、すごいです。そして作品も写真で見せていただき、その美しさと迫力ある絵に感動です。ハンカチをプレゼントしていただきました。感謝です。

来月は頭にまた京都へ行きます。そのときは、先生の宇治にある自宅・アトリエを訪ねる予定。今から楽しみです。芸術の人脈もできてうれしいです。

皆さんも是非、検索してくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

東福寺は断念

昨晩は西端さんの勉強会の後、梅田近辺で夕食、そして二次会は6人ほどでミナミに行きました。非常に素敵なメンバーで楽しかったです。

今日は帰京前に東福寺に行き紅葉でもと思ったのですが、とんでもない人人人。。駅はもちろん、もう歩けない状態。奈良線で東福寺駅まで行き、気分が滅入り、そのまま京都へ引き返しました。

お昼は駅上のイタリアンでゆっくり食べました。そして帰京。疲れました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

大阪・西端春枝さんの会で講演

今日は西天満の西端春枝事務所で講演です。テーマは「教養を高める」です。西端さんはマイカルの創業者である西端氏の未亡人。それは立派なご婦人です。たまたまのご縁で知り合い、今回の講演依頼になりました。私の本を読んでいただき感動されたそうです。光栄の極みです。

以前、お昼を共にさせていただきましたが、もう米寿に近いにもかかわらず精力的で非常に綺麗な方です。出張や講演もされています。こちらにとってもいい励みになります。

参加者は、30人ほどでほとんどが経営者、そして講演後は夕食会の予定です。どんな出会いがあるか楽しみです。今夜は山科へ移動して明日帰京します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

和歌山・銀平本店で食事

和歌山の夜はプルデンシャルの梶本さんと、銀平で食事でした。ここは魚料理が有名です。銀座、心斎橋にも店舗を構えています。室内も落ち着いていて、池須があり魚が泳いでいます。器もいい焼物です。

食事は豪快な刺身。丸ごと鰆、ぐれ、鯛、よこわなどの盛り合わせ。肉厚で抜群の鮮度!そして天麩羅の盛り合わせ。車海老、しいたけ、いんげん、いか、たこなどです。塩で食べさせます。〆は梅雑炊。さすが紀州のおいしさです。

梶本さんとは仕事のこと、プライベートのことなどざっくばらんにオープンに忌憚なくはなせました。人間性も素晴らしく、今後ともお付き合いを願いたいお一人です。素晴らしい夜に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

今日は和歌山です。

昨晩は、仕事塾の後、手原で飲み会でした。手原は草津線に乗り換えて1駅のローカルな駅です。お店はあぶり屋天満の月でした。雰囲気のあるお店で、名前のとおり七輪で新鮮な食べ物を炙ります。ものすごい火力。。ネタは、野菜盛り合わせ、和牛、豚、厚揚げ、焼き鳥盛り合わせなどでした。〆は焼きおにぎり、さすがは中野さんが選んだお店です。

今日は、午前中は大阪で仕事をこなしました。南船場を皮切りに、長岡香料に寄り、新大阪へ。石川社長さん、井上さんと打ち合わせをしました。そして「くろしお」に乗って一路和歌山へ。1時間ほどの距離でした。意外と近いものです。今夜は和歌山です。和歌山は以前来たことありますが、もう初めてといっても同じようなものです。明日はAコープで講演です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月19日 (水)

関西出張、はじめは滋賀

朝の新幹線ひかりは激込みです。。普通指定車はもちろんグリーンもかなりの込み具合。やはり比較的速くて、のぞみが止まらない駅に止まるからでしょうか、早い時点で予約されるそうです。

11時に米原に着いて、新快速で近江八幡へ。滋賀建機の蔭山会長に久しぶりに会いました。そして「トレンディー」でハンバーグランチ。ジュウジュウ、熱い鉄板に乗って出てきます。大きなハンバーグに野菜、ご飯、サラダ、コーヒーがついてます。話も企業内大学や黎明の会などに花が咲き、有意義でした。また研修などを開始したいそうです。

そしてランチの後は在来線に揺られて山科へ行きチェックイン。しかしこちらは風も冷たく寒いです。いよいよ冬ですね。夜は南草津で仕事塾。今夜のテーマは「教養論」です。その後は恒例の飲み会です。今から楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

伝統芸能「能」の塩津さんに会いました。

昨晩は銀座文祥堂で「能」のセミナーに出ました。講師は重要無形文化財の塩津先生です。能の基本から、実物の衣装や面などを見せていただきました。そして実際の能の型も教えていただきました。

面をつけるとほとんど外が見えない。足元も見えないし、周りも見えません。故に能舞台には柱が4本有り、それを目印にしている。そして舞台から落ちないようにと摺り足で歩くのだそうです。また面も、光の当て方、傾き具合で感情が豊かに表現できることを知り、感動しました。そして能は「感じる」ものであり、想像力をどう働かせるかが大事という指摘は、歌舞伎やオペラなどとは大分違います。

実際の謡い(三井寺)を披露もしていただけました。一度私も改めて、塩津さんを訪ねて能について深くご教示をいただこうと思ってます。また是非ご本人から習いたいなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

麻生総理の公約「内需拡大」について

「内需拡大」はあの前川レポートで書かれた内容です。前川さんはもちろん日銀総裁でプラザ合意で活躍されたのでかれこれ20年以上前の人です。当時アメリカと公約させられたことが内需拡大でした。すなわちdomestic demandをstimulateすることを目標としています。しかし、これが今でもまだまだ言われていることを考えると日本は全く20年間進歩がないのです。輸出を行いますが、内需はまだ未熟ということ。

麻生さんは金融サミットへ出席し、「内需拡大」を公約してきたそうです。それはお疲れ様でした。

これだけ豊かな国でなぜ消費しないのか?またこれだけ公共事業が好きな国で内需が刺激できていないのか不思議ですし、ここで無駄遣いをしていることが一目瞭然です。ひどいものです。

やはり、思い切った税制改革、とくに証券の無税化や高速道路無料化は絶対やるべきです。そして消費税はそのかわりある程度上げます。次に戻し減税で刺激していくことはカナダなどの成功例を見るまでもなく有効でしょう。くだらない道路族の食い物(特に自民党の古賀誠など)にされない金の使い方を考えるべきです。

いまさら第2の前川レポートなど情けない話です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月16日 (日)

世界空手選手権の皆さんと食事しました。

昨晩は、九段下で世界空手選手権の出場者のかたと夕飯でした。主賓はスペインの世界一コーチであるアントニオ・オリバ氏。京都以来の再会でした。そして中野さん、リチャード、ローレンス、荒川先生でした。世界選手権は時間にルーズで、予定より1時間近く遅れての食事でした。場所は九段下の焼き鳥「源」。刺身盛り合わせ、焼き鳥、〆はちょっと風変わりなうどんでした。味はまあ大丈夫でした。それより各人の繰り出す熱い話が印象的でした。

何しろ皆さんスポーツを通じて知り合っているので、結束感が強い。そしてフランクに率直に話すことが印象的でした。試合の感想やこれからの空手道のあり方など喧々諤々。私は通訳として何とかついていけました。

中野さんのおかげでこのような皆さんと知り合えたことも何かのご縁。本当にありがたいことです。オリバさんの言われたことで印象的なことは「空手は家族」であると。一体感が生まれ、みなを家族と思って接するという言葉です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

青山のRinへ行きました

今日は青山のセレクトショップであるRinへ。びわ湖タイルの中野さんと行きました。ここは意外にも中小企業庁が運営してます。そして「ジャパンブランド」の名の下に、全国の伝統工芸の逸品物が勢ぞろい。目からうろこの作品もあり、見ごたえありです。

ここに中野さんの作品を出したいと考えています。ある意味、ここのコンセプトは伝統と現代の融合で、世界的に評価が得られます。何とか彼の商品をデビューさせたいのです。店内も綺麗で見やすいのです。お客も外国人含め、結構います。その後は、日本橋へ出てKEYUCAを見学。ここも照明の使い方や展示手法など参考になられたようでよかったです。

Rinの2階はレストランで、おいしい食事が食べられます。今日は、ランチプレートで、コシヒカリのご飯、サラダ、豚しょうが焼き、牡蠣フライ、お茶がついて1000円です。非常にお得感ある内容で大満足。そして味も一級品ですよ!また食材も購入できるのでうれしいですね。

さて、今夜は九段下で中野さん、空手の世界No1コーチのアントニオ・オリバさんと京都以来の再会をします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月13日 (木)

年の瀬を感じます

もう今年も2ヶ月切りました。なんと早いことか。。何が今年達成できたのか見直している暇もなく過ぎてしまいそうです。そうして地獄の年賀状書きが待っています。毎年、手書きなので腱鞘炎になります。

今月は来週は関西、そして再来週は大分と連続出張です。関西は和歌山まで行きます。そして来月は関西、三重、浜松で終わりそうな感じです。

それにしても光陰矢のごとしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

東京大震災で関西がチャンス、という井戸発言

兵庫県の井戸知事という元小役人がそんなことを言いました。不謹慎というか失言と報道されましたが、そもそも事実認識の誤りがあります。もし仮に東京が麻痺すれば、関西も東北も大動脈が絶たれてどうしようもなくなるはずです。チャンスもへったくれもありません。全く、小賢しいというか何を考えているのかわかりません。神戸震災のコンプレッ久かもしれませんが、ひどい物言いです。

さて、今日はオフィスワークでした。第三銀行に電話をかけてアポを入れたり、経済産業省に資料送付を依頼したりとそんな一日です。それにしても寒いですね、雨も降っていますし。夜は、秋葉原の会社にお邪魔し、会食をいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずほセミナーに行きました。

昨日はみずほ総研の杉浦さんが主宰する、セミナーに経団連会館まで行きました。すごい人の数です。無料のみならず豪華講師陣も魅力。ワタベウェディングの渡部会長、松浦機械社長、IBMのピーターカービー専務などです。

テーマは世界で活躍する中小企業でした。日本というマーケットから外に出て、アメリカなどで勝負を挑んでます。アメリカの市場は日本と異なり透明性が高い、慣習に囚われないなどのメリットがある反面、品質重視、競争が激しいなど厳しいことも多々あります。このような環境を勝ち抜き、いまや立派な中小企業の紹介がありました。

経営者として非常に勇気と知恵が湧いてきます。どこかにチャンスがある。ものにできるかどうかはやはり自分次第なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

田母神発言は悪いのか?

防衛庁が揺れています。田母神氏の防衛論における「タカ派」発言です。前の破廉恥次官はともかく、この言論の自由に関することをかくも魔女狩りにすることは自由を標榜する国としていかがなものか?と感じるのです。

日本人は極めて自虐的で南京問題、満州問題、そして昨今の靖国で譲歩を重ねてきましたが、やはりどんどん議論すべきなのです。自由民主であれば、なおさらです。どうも日本の言論がおかしい、といわざるを得ません。

彼には、フリーの立場でどんどん発言していただきたいのです。要は、日本人はもっとディベートをすべきであり、憲法改正をいつかするものとすれば、この発言などは避けて通れません。言論封鎖は、国を死に至らしめるだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

日経センターの小島明さんに会いました。

今夜は、坂東眞理子さんの勉強会で、講師は小島明さんです。大変有名です。テーマは今の経済状況でしたから、とてもタイムリーです。結論から言えば、来年は世界的にマイナス成長との話でした。

肝の部分は、参加者から「もっと企業が人を採用してほしい。そのような政策などは打てないか」という馬鹿げた質問を県会議員がしたときの小島さんの切り返し。

「まず企業の中で人事制度がきちんと機能していない。窓際で生産性が低いくせに給料が高い人間が辞めさせられない雇用の硬直化が問題である。本来なら駄目社員を首にして、若いやつと入れ替える。そんなことができない。また派遣、パート、臨時など身分こそ増えても、その評価ができていない」といわれました。言い得て妙。

ゴーンも日産では一人も首にしてません。あくまでも意図的配置転換でした。しかし、企業も懐具合もあるので、とても雇うことは簡単ではない。であれば、生産性を気にしないでいい政府、自治体がボランティアで雇えばいかがでしょうか?その議員が秘書として遣えばいいのでは?と思います。

皆さん、調子が悪くなると企業を批判し、責任の所在を企業に押し付ける傾向が強いですが、これではいい国になるわけがない。さすがは小島さんの見識です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 8日 (土)

筑紫哲也の死

筑紫氏が鬼籍に入りました。がんであるとは知ってましたが、やはり人気アンカーマン故に業界はショックでしょう。大分出身で、坐来のパーティーにも来ていました。たっぷり焼酎を一緒に飲み、黎明の会にも機会あれば呼ぼうと思っていました。惜しまれます。

ただインタビューアーとして有能かというと、英語も不自由ない程度にはできます。しかし、どうも対談などになるとちょっと弱い感じがしてました。あまり丁々発止のやりとりがないのが不満でしたが、これも氏の持ち味でしょう。見識という点では、若いころは共産主義者的でしたが最近はだいぶ中庸になってきました。

しかし、言論が死に通説だけが幅を利かす日本で貴重な文化人でした。冥福を祈る次第です。お別れ会には参加するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

名古屋・万亀

昨日は名古屋でした。泊まりは駅の上のマリオットアソシアでした。今回の名古屋は、アクサ生命の石橋さんに会うためです。もとは東京におられましたが今は名古屋に転勤されています。

食事は焼き鳥「万亀」に行きました。とてもディープナ場所でまず一般人にはわかりません。中も狭い。。でもおいしいです。お任せで次から次と出てきます。特にぼんじり、卵がよかったです。そして〆の鳥そば(ラーメン)が出汁がきいていて抜群でした。

その後は、近くのバーでウィスキーを痛飲し、楽しい話に花が咲きました。本当に感謝です。今日は滋賀です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

横浜市立の学校でのトイレ清掃

トイレ清掃を「義務化」していくようです。確かに経営者にもトイレ清掃をさせる人がいます。それをすれば運がよくなるとかいろいろの給う人がいますが、これは定かではありません。まあ信じたい人は一所懸命、清掃に励めばいいと思います。

しかし、子供ころにトイレ清掃をすることは躾や、労働の意味を教える点で有効です。自分のことは自分でという基本に通じるのです。大いにやればいいと思います。するとどこにでもいますが、馬鹿教師が「衛生面が心配だ」と言っているらしいのです。

まったく噴飯物です。今が不衛生であれば、その親の世代のトイレ掃除はどうなっているんでしょう?今のトイレは十分きれいです。多分、清掃したくない教師がくだらないことを言い募っているんでしょうか。中国製食品を食べるほうがよっぽど不衛生だと思いますがね。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

オバマ「大統領」は黒人か?

どうも海の向こうの選挙はオバマが勝ったようです。これで「黒人初!」という文字が躍るでしょう。しかし、ここで素朴な疑問。彼には黒人という言い方が適しているのでしょうか?黒人は英語ではBlackです。しかし、これは政治的に禁句であり、ほとんどの人が「Afro-American」と言ってます。もしブラックなどと言えば、差別発言で裁判沙汰も覚悟しなくてはなりません。しかもオバマは、チェイニ-副大統領と遠縁だそうです。

黒人などという言い方を一般のお茶の間で言うならいざ知らず、日経や朝日のような大新聞が書くことはどれだけ見識がないかを露呈しているとしか言い様がありません。アメリカであれば大問題です。

国際機関であれば、肌の色を露骨に言うこと事態が差別になるわけです。アメリカの免許では肌の色ではなく、目の色を書かせます。「黒人初!」もいいですが、言い方の国際標準もグローバル時代を喧伝するメディアは基礎から勉強すべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

静岡県議の小楠先生に会いました。

今日は浜松です。静岡県議の小楠先生の会で講演です。きっかけは大協土地の松田社長からのご紹介でした。テーマは「日本の経済の展望と政治」でした。大所高所から、アメリカ、日本の経済問題、政治問題を議論できたと思います。特に大統領選、サブプライムには興味を持たれていました。講演のあとはリクルートの滝口さん、ムトウの武藤さん、ブリッジの横橋さんと断続的に打ち合わせ。終わったのも10時でしたから、珍しく一人で夕食でした。

昼間は福井博夫さんに会いに行き、駒込でイタリアンをご馳走になり、ビールを1杯。昼のビールはいいですね。午後は、NECにて弊社顧問の南原の講演。15人ほどのお客様で研修でした。私は浜松へ行くので、途中で退出しましたが、成功であったことと思います。明日帰京します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

秋晴れの連休

よい天気で、連休も気持ちがいいですね。私もこの3連休はのんびりです。図書館や本屋、カフェで時間を過ごしてます。両親も長野なので、自宅ものんびり。ペットの犬もプレーリードッグも一緒に長野です。

土曜日は、カイロへ王子まで行き、相変わらずの体の調整です。首のリンパをほぐします。気持ちいですし、しっかり流れがよくなり、頭もすっきりです。毎週行ってますが、効果を実感してます。

3連休は三冊の本を読みました。POSITIVE IMPACT、ハムレット、そしてマジックの本。ハムレットは再読。いつ読んでも素晴らしい。POSITIVE IMPACTはグレッグリードの全米NO1ベストセラーの自己啓発本です。

明日は青山で散策をしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »