« びわこ農業 田上米の素晴らしさ | トップページ | 谷本龍哉さんが政界引退! »

2009年9月10日 (木)

国家戦略局の蒙昧

管直人が就任予定の国家戦略局、これは鳩山内閣の「政治主導」の目玉だが、いささか意味不明。大臣、政務官、副大臣などすでに70名前後が存在。しかも、盲腸みたいな役職である。これに30人上乗せしたところで何が政治主導か?

管は英国視察で英国かぶれになったが、英国はより徹底している。まず政治家と官僚が接触できない。そして政府立法ではなく、各大臣が法案を提出できる。さらに各政治家が法案をどんどん提出するので、「院内総務」がおり彼が全てを仕切る。こんな状況である。真に政治主導を言うならば、政府としてではなく、大臣が法案提出を可能にするなど大きな転換が不可欠である。

中途半端な政治主導が政策を歪曲化させ、国家の形が崩れてしまいかねないのだ。

|

« びわこ農業 田上米の素晴らしさ | トップページ | 谷本龍哉さんが政界引退! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国家戦略局の蒙昧:

» 民主党マニフェストの目玉 【国家戦略局】? [ そらそうよ!!]
鳩山由紀夫新政権の目玉の一つである国家戦略局。 この国家戦略局担当の大臣に菅直人民主党代表代行の起用が内定しているようである。 しかしこの「国家戦略局」って何をするのだろうか? 予算の骨格などを定めるのであれば、「経済財政諮問会議」と同じじゃないの? 経済財政諮問会議の構成員も、閣僚と日銀総裁、民間だったと思うのだが… また「国家戦略局」を一段格上の位置づけとし、各省庁をコントロールするとのことなのだが、ということは国家戦略局担当相が、行政をコントロールすることとなる。 菅直... [続きを読む]

受信: 2009年9月11日 (金) 12時54分

« びわこ農業 田上米の素晴らしさ | トップページ | 谷本龍哉さんが政界引退! »