« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

今週の予定

2日 18:00 芦田さん@恵比寿

3日 10:30 栗田瑞夫さん@銀座 18:00 芦田さん@恵比寿

7月頭は軽い予定で楽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

文学サロン

今日はチェーホフの犬を連れた奥さんを講義。

なんか中途半端で読みにくい短編。不倫小説にしては淡泊、さらに結論の提示もない。しかし、読み込みによっては非常に奥深い。

トルストイとのひと悶着、チェーホフの人間観や哲学を話しました。やはり講義がついてこそ、読み込める本もたくさんあります。

夕食はオーバカナルでカジュアルフレンチ。美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

最終日

お台場丁稚奉公の最終日。今日は朝からです。午前の入りは意外と少ないのでわりとのんびり。

ランチは「カレー王国」でカツカレー。胸やけして、げんなり。。飲み物ないとどうしようもないのです。

午後は人が増え活気が出ました。そして5時に終わり、一気にかたずけ、これが大変です。肉体労働の大変さを実感。このようなことをしたことないので、いささかビックリ。

夜は、お台場のアルポルトでピザやパスタを食べながら反省会。

いい勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

坐来へ

お台場で仕事。ただ、ランチは拓殖大学の渡辺総長を招いての勉強会で日本国際フォーラムへ。折田さん、平林さんなど外務省のお歴々に会いました。

そして午後戻り、ブースでたってます。今日も引き合いが多いです。商談を行っていくのは気持ちがいい。

夜は社員を連れて坐来へ。美味しい大分食材を堪能。特に鱧のあげだしがGOOD. 二次会はブルガリのパティオでジャズを聴きながら痛飲。

いい夜でしたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

ミスキョウコ

雑貨ショーで3日間詰めます。

それは活況で初日はスゴイ人の数。。また引き合いも多くびっくり。靴業界は私は知らないですが、本当にマーケットは穴だらけ。非常に面白い。

この3日間は丁稚奉公です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

ヒューム

今夜はwine&philosophyを青山のアンカフェで。テーマは英国経験論の雄である、ヒュームです。

カントをまどろみから覚まし、ラッセル曰く、「懐疑論を超えたものはない」と言わしめた哲人。レクチャーも気合入ります。

経験論は非常にわかりやすい、腑に落ちる考えです。バークリーでつまずいた人も理解できたようです。

食事もおいしく議論も盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

深夜便

多忙でしたー。

酷い雨で朝は動きが取れず。10時半にHKPCセミナー打ち合わせ。10月まで決まりました。

そしてランチをYuとパスタを食べて、セントラルへ。wiselinkで打ち合わせ。女性のCEOでした。前職はテレコムの人事部長。

そして3時にマリオットへ行き、ケニスと会いました。マンションやオフィスを借りるのでその段取り。

ここからが長い。深夜便で帰国ですので、ぐだぐだ。。グランドハイアットでいつものエビを食べて、酒を飲み、夜11時までいましたー。

そして満員の深夜便。疲れます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

香港フリー

今日は1日フリー。久しぶりにのんびり。

買い物をしたり、散策など自由に動けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

香港へ

今月もまたHKです。

今回はタイトな予定で、早朝ー深夜便でキャセイで行きます。ついてすぐ、マンチェスターコンサルティングで打ち合わせ。非常に実りあり、9月から共催でセミナーを始めます。

そして夜はアレックスと食事で、海鮮料理。豪華絢爛で、いつもの北京ダックもあります。泊まりはロイヤルプラザで快適です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

てん茂

三越前にある老舗天ぷら屋、てん茂に久方ぶりに行きました。ゴマ油が炒っているので、本当に美味しい。白ゴマですが、油は真黒。でも軽いです。

車エビ、琵琶湖のアユ、柿の葉、パセリ、めごち、アスパラ、アナゴ、キス、寺島茄子、こなす、そして天然アワビ。

たいそう豪華なラインで愉しました。また江戸野菜も出してくれるので貴重です。明治18年創業ですが、ずっとあってほしい名店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

帰京、そして新亜飯店

伊丹から帰京しました。が、悪天候でフライトが1時間遅れ。ランチは蛍池のカレー屋でステーキカレーを食べました。ここが意外と美味しく気に入ってます。

まあ、ここまで遅れると予想外。でも、東京で鈴鹿さんと無事会えて夕飯へ。大門の新亜飯店で中華。そして彼が泊まるカプセルホテルに生まれて初めて足を踏み入れました。。おっちゃんたちがたくさんいます。意外と若者が少ない。

そんな社会勉強して、イフへ。長谷工の村塚氏、コミュニティー三田部氏が来て宴会状態。よく会います。

明日は、てん茂で天ぷらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

リーガロイヤル

今日は荷物を朝東京へ送りました。そして大阪へ。ゆっくり一人で泊まります。仕事も入れずのんびりするのもGOODです。

食事は洋食をいただきました。リモーネで、オニオングラタンスープ、ビール、ビーフシチュー。どれもロイヤルならではで美味しかったです。

部屋も広く快適。外は風雨でスゴイですが、私は一人読書。貴重な時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

京都仕事塾

今夜の仕事塾は数人のキャンセルが出て残念でした。。ただ、中身は昨日の大阪の内容でしたので、聴講者は満足。様々な意見交換もできてそこは有意義。

そして二次会も、手羽先の笑い家だったので有意義。愉しい夜でした。鈴鹿さんも久しぶりに参加。夜行バスで、上京されました。なかなか頑張ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

核心塾

今夜は核心塾。テーマは器の話し。といっても、陶器ではなく、人の器の大きさです。荻生徂徠を引き合いに、資料をつけて語りました。皆さんも、徂徠、孔子は読まないので、興味しんしん。二次会は虎丸へ

昼間は、11時半に江戸菊ですき焼きランチ。長岡香料の長尾さんと一緒でした。いつもながら美味しいです。そして中之島図書館へ行き、調べ物と少し一休み。

次は3時にグランビアへ行き、島野さんと会いカンボジアについて意見交換です。なかなか忙しい日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

今週の予定

16日 14:00 教養サロン@和久傳

17日 11:00 長尾氏@江戸菊 16:00島野さん@本町 19:00核心塾@本町

18日 19:00 仕事塾@京都

22日 香港

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

ラーメンむさし

11時に藤井寺へ行き社内会議参加。

ランチはラーメンをいただきました。なかなかおいしくて満足。

午後も断続的に会議。。夕方は北浜まで送ってもらいました。夜は一人でそば屋で一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月14日 (金)

多忙の大阪

早朝のフライトで大阪へ。10時に香港発展局の小峰さんと打ち合わせ。ナチュラルウィルの件や、セミナーコラボ相手の話など盛りだくさん。

そして伏見町の包丁1本で杉山顧問とランチ。いつもの弁当を食べて歓談。お茶をして、北浜で勇さんに会いました。

ブライトンで休んで、フレンチドロップへ行きマジック談義。夜はクルースでモチベーションセミナー。15名の盛況でよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

歴史サロン

1日だけ東京へ戻りミーティング。そして夜は歴史サロン。テーマは誰もが知っている家康。

彼のイメージのねつ造された経緯や、倹約や我慢の虚構性を話しました。特に家康が残した安定性へのDNAは強く、日本人の足かせになっていると議論しました。

夜は、そばを酢重で食べて帰りました。明日はまた大阪です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

藤井寺へ

今日は1時に藤井寺で芦田社長と、会計士の大西氏と打ち合わせ。戦略面や財務面の意見交換。

そして芦田さんと夜は、和楽で痛飲。いつもの河内鴨を堪能。そしてさらにワインバーで飲み、話も尽きずいい時間。

今回は電車でリーガロイヤルへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

大阪へ戻りました

福岡空港から大阪へ。1時間のフライトでつくので楽ですし、福岡空港はタクシーで15分。近い!

大阪ではクルースへ行き、社長と香港の打ち合わせ。そしてホテルへ。今回は2泊リーガロイヤルにしました。

会食もないので、一人で道頓堀今井でうどんをいただきました。ここは上品でおいしいです。

今日はゆっくりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

福岡へ

人生3度目の福岡へ。大阪から九州新幹線で博多。目指すはマリンメッセです。アクアバンクが、出展していてその視察。

やはり地方ですから客数は少ない。またイベントも規模は小さいです。ただ、TV、ラジオインタビューも入り、有意義だったかと思います。いろいろ顔をうることが大切。

食事はスタッフたちと兼平で刺身など玄界灘の幸を堪能。〆はラーメン。これは、いまいち。。

泊はハイアットリージェンシーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

今週の予定

10日 福岡マリンメッセ ハイアットリージェンシー泊

11日 16:00クルース@心斎橋 

12日 13:00アッソ@藤井寺

13日 19:00歴史サロン@東京21c

14日 10:00香港貿易発展局@本町 11:00杉山顧問@包丁一本 12:30勇氏@北浜 17:00 クルース

15日 11:00 アッソ@藤井寺

東京と関西、行ったり来たりで多忙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

第131回黎明の会

第131回 黎明の会

日時:7月26日(金) 18:45から

場所:オーバカナル紀尾井町

http://loco.yahoo.co.jp/place/96641aefd6044bbcd923219fcac7bee74d530952/map/?

費用:12000円

講師:田中 秀明氏 (明治大学大学院教授)

テーマ「アベノミクスの真価が問われる参院選後」

今注目の「異次元緩和」「成長戦略」を骨太の方針と共にお話しいただきます。為替、株価、さらに喫緊の課題である財政再建はどうなっていくのでしょうか?大変旬の話題です。皆様のご参加お待ちしております。

講師略歴

東京工業大学工学部卒、同大学院修了。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス修士(社会保障政策)、政策研究大学院大学博士(政策研究)。1985年、大蔵省(現財務省)に入省し、予算・財政投融資・自由貿易交渉・中央省庁等改革などに携わる一方、国税庁、内閣官房、内閣府、外務省(在マレーシア日本大使館)、厚生省(現厚生労働省)などで勤務。また、200305年オーストラリア国立大学、200710年一橋大学経済研究所で教育・研究を行う。国際協力機構(JICA)、経済協力開発機構(OECD)、国際通貨基金(IMF)などのプロジェクトなどにも参画。

今後の予定

8月7日 杉田定大氏(早稲田大学客員教授)「タイ・ミャンマー最前線」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

牛尾日秀

今夜は黎明の会。正法事門法華宗の牛尾氏を招きました。坊主は初めて呼びましたが、参加者31名と言う盛況。。人の海でしたー。

仏教やお寺の裏事情、さらに瞑想、菩提心についてなどたっぷり有り難いお話しを伺いました。

なかなか坊さんに会う機会はないですし、まして管長など皆無ですから貴重な経験でした。本のプレゼントまであり感謝です。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

「ヒューム」レジュメ

経験こそが現在と未来をつなぐ橋

言い換えると「習慣」という確信の力が予想を生むのだ。

水を熱するとお湯になる。これは普遍のことと認識する、それが確信となって今後の行動が決まる。

経験が認識のもとになるという考え方が経験論。因果関係に関する具体的な観察を通じて繰り返し得られる結果を期待する。しかし、それは単なる観察ではなく、未到達の物との関係、実現するかもしれない事物への予想をする。

類似:共通項をみつける

隣接性:1つの事象とそれを取り巻く環境から知る

経験論はこれから起きる事象を知るための推量と調査のスキル。(ミステリーは経験論から成り立つ)

すべては経験と見聞から成り立つ。科学の発展に経験論は不可欠で、実験を通じて共通性をみる。しかし、どれだけ経験が確かでもそれが裏切らない保証はない。

ということは、

経験はいろんな物と物との間をくっ付けて、認識を安定させるものだ。

しかしこのような経験はあくまでも習慣、もしくは信念、下手すれば単なる妄想。

例えば太陽は東から西に沈むが、明日そうならないかもしれない…。

となると我々が信頼していた経験とは、所詮は錯覚の域で虚構の法則なのだ。

根拠はないのになぜそう考えてしまうのか?食事はなぜ日に3回?この制度を繰り返すうちに習慣になり生理になるのだ。

ここから話がいささか複雑になる。

経験は人間が持ちうるもの。そして諸関係を結ぶ唯一の方法。しかし、経験は絶対的な真理を与えてくれない。となると、経験こそが「懐疑」を生む。経験すれば確実と思っていたその「習慣」が瓦解し、終わりなき懐疑を生むのだ。これは、純粋個人を想定したデカルトの合理主義(我思う故に我あり)を遥かに超える壮絶、熾烈な懐疑である。

出来事ABには因果関係はない。ただ関係があると思い込んでいるだけ。

ヒュームはばくち打ちのなれの果て?

我々の確信は、実は信仰であり、それは生活の中で不安に苛まれ、発狂しないようにするための安全弁としての信仰である。

私たちは頑固なまでの信仰の力で世界はいつも同じように回っていると信じ込んでいる。しかし、それが本当にそう回っているとは誰も知らない。

こうなると、自己とは「習慣」であり「信仰」なのだ。諸物の連帯と因果関係から成立するもの。

私たちが経験の基になっている知覚や記憶は、それ以前も以後も絶対的な存在者によって支えられているのではない。もちろん、それだけを取り出しておける唯我独尊のような代物でもない。

私とは、1つの習慣以上でも以下でもない。

ヒュームと言うこの大天才哲学者は、現実の合理性と絶対性の虚構性が行く着く先を見ようとした人物である。

補論

<バークリーの因果論>
「存在するとは知覚されることEsse est percipi.
「精神は『知覚する』という能動的働きにより、『知覚される』ところの観念を産出する」
「とはいえ、たとえば強風が窓をガタガタいわせたとして、そのガタガタの原因は強風でなく『私の精神』だというのは変でないか」
「そのとおり。ゆえに、これは『神』の精神による」
「では、すべては神が原因とする『機会原因論』と大差ないではないか」
「いや、そうではなく、やはり『私の精神』が出発点で、神などの精神もそこからの推論である。かつ、受動的な『精神』でなく、生身の『身体』から能動性が生じる」
「存在するとは知覚されること。注記:つまり意志すること、すなわち行為することである」(or velle i:e. agere
orだけ英語で書いているがラテン語ではaut; velleは「意志する」の意の動詞不定形; i:eid estthat isの意〕; agereは「行為する」の意の動詞不定形)

<ヒュームの因果論>
Aが起こったからBになった、としてもAが原因でBがその結果とは言えない」
Aが先行し、Bに接近しているだけのこと」
「ただし、ABに必然的結合necessary connexionがあれば因果関係あり」
「恒常的連接constant conjunctionの繰り返しによる習慣custom、習癖habitによる心の決定しだい」(因果の規則説)
(このように、ヒュームは決して因果関係を否定してはいません。)
「では、因果的必然性の決定のもとで自由意志はあるのか」
「そのとおり。自由と決定論は両立する」(両立主義compatibilism

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

賢人に学ぶ

今夜は、かんき出版で私のセミナー。哲学セミナーで題して賢人に学ぶシリーズ。第1回目は2000年の歴史をひとくくりで話しました。

素人相手ですから、わかりやすく話すことに心掛け1時間。参加者も満足したようです。次回はソクラテスです。

また、二次会は呼子のいかを食べさせる「まつら」で痛飲。

昼は国連大学学長のデビッドマローンと会い、国連改革を議論。非常に有意義でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

MRI

といってもあの詐欺会社ではないです。元日銀広島支店長の大橋氏が経営するコンサル会社。

ここの坂間常務と高輪プリンスのラウンジで打ち合わせ。私のクライアントが世話になるので、いろいろ方向性など議論。MAなど経験豊富な坂間氏との話しは面白い。

1時間半ほど興味の尽きない時間。そして十字式で肩こり治療。すっきりして戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

歯医者

今日は月次のまとめで金子税理士と品川で打ち合わせ。諸々の意見交換含め1時間。そしてランチをしたら歯の詰め物がとれて。。

歯医者へ急きょ出向き治療。全くこまったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

今週の予定

3日 11:00 金子税理士@品川 

4日 13:00 MRI坂間氏@高輪プリンス

5日 12:00 日本国際フォーラム@赤坂 19:00 かんき出版

7日 19:00 黎明の会@代官山 海苑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

サロン

7月から、歴史サロンと文学サロンを交互に開いています。

隔月開催となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »