« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

かに道楽

朝は整体で身体の調整。すっきりしました。

午後は、Pwcで打ち合わせ。博報堂の元社長の甥っ子さんと会い、1時間ほどミーティング。そして会食場所の銀座かに道楽へ。

久しぶりに来ましたが、文字通り蟹尽くし。これでもか、というくらいに出てきます。蟹が嫌いだった罰ゲームですね。

私は好きなので、話しそっちのけで黙って食べていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月29日 (火)

休み

今日は1日、のんびり。

あとはマジック練習です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月28日 (月)

ショーペンハウエル②

読書

読書への懐疑。

他人にものを考えてもらうことが読書。本の虫は、自分で考えることを放棄しているのだ。

古典の精読、これらは比類なく卓越した精神の塊。30分でもよいから大作家を読むこと、そうすれば精神が軽やかになる。古典は懐古主義ではない、真に重要なものを見抜く目を養う。

量ではなく、いくども考え抜いた知識に価値がある。思索は、自ら動く。既存のものを押し付けず、ただ素材と機会を提供し、その天分と時分にかなった問題を思索するのがよい。反面、読書は思想を押しつけるのだ。故に多読は精神の弾力性を奪う。

思索はその到来を待つしかない。外からの刺激と内なる緊張が出会い一致すれば思索が必然的に動き出す。

難しい本は書いた奴が悪い。

①経験、思想を持つ筆者

②金のための筆者

後者は、つまならい思想を延々と述べてさも多量に思索したようにみせかける。難解な言い回し、造語を乱発するのだ、とショーペンハウエルは指弾する。

真の知識人は、飾り気なく、簡潔に、明確無な表現を使うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

ショーペンハウエル

ショーペンハウエル

意志と表象としての世界

現実世界は意識の投影のみである。

世界は幻影や夢であり、常に可変している。

ヘーゲルが指摘するような、歴史が何か特定の目的や目標に向かうものではなく、単に人の視点で語られた物語である。

我々がおぼろげながら描く世界は不変の実在がある。しかし、現象、仮象、表象には実在がない。なぜならそれらは、消滅するか、形を変えるから。

現象の世界は、カオスではなく「根拠の原理」がある。それは因果法則である。これを認めれば、仮に投影されたものだとしても、理にかなう。

「過去と言うも、未来と言うも、なにかある夢のようにまことにはかないものである。」

意志:生きようとするもの。

「主観的には人は自分が欲していることを行っていると感じている。しかし、これは人の行為がその人の純粋な現れであるということ。」

欲する物は人格の表れで、人格に矛盾した行動は取れない。そのような意味で動機を自由選択できないので、自由意志があるとは言えない。

多くの人の行動は理由、根拠ないものが多い。「意識は意志の目的に従って人を着実に活動的に働かせている。」

この考えは、無意識が人間を動かすとしたフロイトへつながる。(自我)

意志の超越

ショーペンハウエルは、意志を負の産物として捉える。意欲は苦悩、欠乏が原動力になっている。

私を脱する。禁欲的な生活を通じて欲から離れることができる。と同時に芸術体験を通じて解脱できる。

芸術は純粋にイデアを現前せしめ、個体性の超越へと至らせる。個体としての関心、欲望を捨て、イデアの観照によって根拠の原理から脱却することで、人は安らぎを得る。これは「関心なき適意」というカントの美の定義に立脚したもので、芸術の中でも特に音楽によって体現される。音楽は意志のもっとも直接的な客体化であり、この思想はワーグナーや若きニーチェにも多大なる影響を与えた。

こうして芸術は、意志に対する「鎮静剤」としての役割を果たすが、しかしこれもあくまで鎮静であって、永遠の解脱とはなりえない。意志の肯定からの帰結がそうであるとすれば、真の救済への道は「意志否定」の中にしかありえない。そこには「同情」と「禁欲」、ふたつの道があるとショーペンハウアーは考える。すなわち、他人の中に己と同じ苦悩を認識することで純粋な愛が生じる同情と、また己の死さえも意志からの解放とみなす禁欲とによって、自発的な意志の放棄へと至る。ここにはプラトンの「正義」、キリストの「愛」、そしてインド思想の梵我一如からの影響が確実に存在している。現実から意志を否定することで、解脱の境地へと達することが可能となるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

ステーキ ワカヌイ

今日はステーキを夕飯にと思いワカヌイへ。東麻布の名店。

牧草牛フィレ250G、リブアイカット350Gを食しました。突き出しのラムチョップの美味しいこと!

ステーキもリブアイのジューシーさは白眉。また行きたいですね。帰りは、日進で鴨肉など食材を買いこみ帰宅。

充実グルメ曜日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

二樹会

今日は昼間は全国知事会の田中聖也と会いました。彼は、大分出向時代の友人で盟友です。国土強靭化について、防災について意見交換。彼は、出世しますねー。

そして、東京駅でビール。ほろ酔いで、神楽坂の三菊へ。いつもの鮮魚、鍋に満足。今夜は元ポーランド大使の佐藤さんからウクライナ問題のレクチャー。

酒も美味しく、口も皆さんなめらかに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

第140回黎明の会

今夜は、黎明の会。元カンボジア大使の小川さんを招きました。日本との深い絆、そしてODA, 人材育成や、芸術復興など多大な日本は貢献をしています。実状を知らないので、非常に面白く、カンボジアに行きたくなりました。またポルポトの悲惨な歴史などもっと知るべきですね。。

昼間は、私の友人の元日銀那覇支店長の大澤と会い打ち合わせ。そして、PwCへ行き、さらに日立キャピタルで津田晃さんと会い、さらに黎明の会開始前に財前さんとミーティングと大忙し。

黎明の会の後は、六本木で痛飲。御前様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月23日 (水)

Digi Asia 3

>>Day 4

20141114(周五)

數位創新&數位創業

Digi-innovation & Digi-entrepreneurs

09:30-10:15

Keynote Speech-Isobar CEO Jean Lin

專題演講-Isobar CEO Jean Lin

10:15-10:30

Coffee Break休息時間

10:30-11:15

Keynote Speech-Google

專題演講-Google (未定)

11:15-12:00

Keynote Speech- Spotify

專題演講-Spotify(未定)

12:00-13:30

Luncheon at Le Meridien午宴-艾美酒店

13:30-14:00

Keynote Speech-

專題演講-

14:00-16:30

創新及創意發表平台將邀請亞洲各國數位天才及創意精英共15個團隊,輪流簡報(每隊6分鐘),發表有關:

1.      MobileSocial Media

2.      Social Media

3.      E-Commerce

18:30-21:00

Farewell Party歡送晚宴

See you in 2015 & 2016

議程表尚在安排中,請以最後一份為主要。

此版本更新日期為 0418

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

Degi Asia2

15:50-17:00

Panel Discussion-DigiLife

分組討論-數位生活

主持人:未定

討論人:Isobar

KKBOX

Yahoo

香港(代表團)

Panel Discussion-DigiCommunication

分組討論-數位溝通

主持人:未定

討論人:Warc

DMA

新加坡(代表團)

ADWAYS

18:30-21:00

Gala Party-Taipei night晚宴-台北之夜

>>Day 3

20141113(周四)

Digital Creative& Digi-Brands

數位創意&數位品牌

09:30-10:15

Keynote Speech-

專題演講-

當數位遇上文化-科技部長 張善政 與文化部長 龍應台(未定)

10:15-10:30

Coffee Break休息時間

10:30-11:15

Keynote Speech-秋原康,Founder/AKB48(Japan)

專題演講-AKB48 秋原康(未定)

11:15-12:00

Keynote Speech-Brain,CEO/Sina Weibo (China)

專題演講-微博 

12:00-14:00

Weibo Luncheon at Le Meridien微博午宴-艾美酒店

14:00-14:45

Keynote Speech-專題演講-Facebook

Keynote Speech-專題演講-可口可樂(未定)

14:45-15:30

Panel Discussion-DigiCreative

分組討論-數位創意

主持人:未定

討論人:Facebook

印度

泰國

微博

Panel Discussion-DigiBrands

分組討論-數位品牌

主持人:未定

討論人:可口可樂(未定)

韓國

萊雅(台灣)

15:30-18:00

Digi-Tour

夢想館 OR華山文創園區

18:30-21:00

Social Party-DigiAsia night at 數位亞洲之夜-地點未定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

Degi Asia 1

>>Day 1

20141111(周二)

08:00-18:00

Arrival/Registration報到

18:00-21:00

Welcome party迎賓晚會-地點未定

>>Day 2

20141112(周三)

Digi-life & Digi-communication

數位生活&數位溝通

09:30-09:45

Opening Performance開幕表演

09:45-10:05

Greeting Words-Direct General, Taipei Association of Advertising Agencies

大會主席-TAAA理事長 許益謙 致詞

Greeting Words-Chairman, Asian Federation of Advertising Associations

AFAA會長 Pradeep Guha 致詞

Greeting Words-The honorary Chairman

大會榮譽主席 施振榮 致詞

10:05-10:15

Welcome Address-President

國家元首 馬英九總統 致詞

10:15-10:30

Coffee Break休息時間

10:30-11:15

Keynote Speech-蔡力行,Chairman/Chunghwa Telecom (Taiwan)

專題演講-中華電信 蔡力行 先生

11:15-12:00

Keynote Speech-Nick D'Aloisio, Founder/Yahoo Summly(U.K.)

專題演講-Yahoo Summly Nick D'Aloisio

12:00-14:00

ADWAYS-Luncheonat Le Meridien愛德威午宴-艾美酒店

14:00-14:45

Keynote Speech-Isobar

專題演講-Isobar

Keynote Speech-Warc

專題演講-Warc

14:45-15:30

Keynote Speech-Chunghwa Telecom (Taiwan)

專題演講-KKBOX

Keynote Speech-Dentsu(Japan)

專題演講-ADWAYS

15:30-15:50

Coffee Break休息時間

15:50-17:00

Panel Discussion-DigiLife

分組討論-數位生活

主持人:未定

討論人:Isobar

KKBOX

Yahoo

香港(代表團)

Panel Discussion-DigiCommunication

分組討論-數位溝通

主持人:未定

討論人:Warc

DMA

新加坡(代表團)

ADWAYS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

今週の予定

23日 11:00クルース@浜松町 14:00MRI@神田 15:00PwC@霞が関

24日 11:00フィーモ@赤坂 14:00PwC@汐留 16:00 日立キャピタル・津田さん@新橋 19:00黎明の会@ガンシップ

25日 11:00全国知事会 田中総務部長@永田町 18:00二木会@神楽坂・三菊

結構珍しく多忙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

5月12日の哲学サロン

今回はショーペンハウエルを話します。悲観主義の極み、彼の哲学を解明します。

お楽しみに。

  日時 : 5月12日(月)19:00-20:30

  場所 : 六本木バトゥーhttp://www.brasserievatout.jp/map.html

  費用 : 6,000円(ワイン、軽食代込み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月18日 (金)

大好きな谷崎「秘密」

谷崎潤一郎の「秘密」

谷崎の特徴

反人生派文学「この世は自分の感覚と意識にとって至上の楽土であるという信念」

人生派:白樺派、自然主義、プロレタリア文学など「人生かに生きるべきか」を主題にしている。

谷崎文学の真骨頂は「印象」の文学。筋立ては乏しいのが 特徴。彼の小説のあらすじを空で言える人は少ない。例えば「春琴抄」は「佐助が自分の目を突いて、春琴同様に盲人になる話し」として想い出す。一篇のクライマックスとして記憶されるのが谷崎文学。ここには、クライマックスまで構築してきた過程が重要なのだが、過程は「筋」ではなく、「印象」ではなかったか?故に谷崎は文学界の印象派である。

「秘密」

「そうして一週間ばかり過ぎたある晩の事、私は図らずも不思議な因縁からもっと奇怪な、もっと物好きな、そうしてもっと神秘な事件の端緒に出会わした。」

このような大仰な口上のわりにたいした事件ではない。大きなイベントがあり読者に記憶されるのではなく、「秘密」はあくまでも「女装する男の話し」として記憶されるのだ。

女装した自分が、往来の中に身を投じる―読者は彼が何をするのかを期待しない。ただ単に女装男性の感覚と意識に関心がいくのだ。

伏線として、秘密愛好の生活や異常な趣味の描写を重ねて行くことで女装男性の感覚と意識の印象が豊かに読者の脳裏に刷り込まれる。

気まぐれで身を隠す主人公。寺であり別世界。まさに女装も身を隠す手段であり、別世界にワープさせる力を持っている。

女性性=観られる性

男性性=観る性

女装は?

観られる性として「見せる性」になること。

T

見せる性見られる客体として自分を意識したうえで、さらに女性性を強調して相手を支配しようとする性。
見せる部分作られた美しさを強調する。本来の姿からは逸脱している。
見せられない部分T女の本来の姿。

目隠しされた私はTの見せられない部分を知らない。見せる部分を偶像化して自己同一化を図ろうとする。しかし、本来のT女を知ったとき、同一化願望も終わりを告げる。女を捨てることは、変身に失敗したことを意味する。

谷崎曰く「藝術は美の創造、藝術は生き物。部分は全体を含み、全体は部分を含む。」部分(女装)と全体(秘密とジェンダー)が見事な緊張感あるバランスを保っている。谷崎は一行一行に力がある。それは谷崎の企図した印象を読者に与え募らせる戦略なのだ。

最後の文「秘密などと言う手ぬるい淡い快感に満足しなくなってもっと色彩の濃い、血だらけな歓楽を求めるように傾いていった」

ここに谷崎文学の今後の方向性が示唆されているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月17日 (木)

ツアーのアレンジをします。

Study Mission on Industrial Design Culture and Idea Management to Japan

9 – 14 Jun 2014

Tentative Itinerary

Day

Time

Activities

Area

Jun 9 (Mon)

pm

Arrival at Osaka

pm

Lecture on Japanese design

Jun 10 (Tue)

am

Matsushita Electric House of History

Osaka

pm

Transit to Kyoto

Jun 11 (Wed)

am

Japan Designers Association

Kyoto

pm

Japan Design Museum

Kyoto

Jun 12 (Thu)

am

Kyoto International Manga Museum

Kyoto

pm

Ÿ   Site visit to Kiyomizu Dera

Ÿ   Kiyomizu production

Kyoto

am+pm

Motorcar Museum of Japan

Toyama Prefecture

Jun 13 (Fri)

am

Transit to Osaka

pm

Site visit to Osaka Castle

Osaka

Jun 14 (Sat)

am

Flight to Guangzhou

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月16日 (水)

京都

今日は京都でした。仕事塾では、荻生徂徠を話しました。二次会は、餃子食べ放題へ。飲んで食べて、1人2000円の破格!!最高の店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月15日 (火)

アクアバンク

今日はアクアバンクを訪問。あとは長谷工の松川さんと話しました。バンクは、4時から全体会議をしてました。

あとは数件、メールや電話でアポ入れ。結構忙しかったです。夜は、いつもの魚料理。泊まりは、北浜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

江戸菊

今日は馴染みの江戸菊でランチ。いつもの美味しいすき焼きです。長岡香料と会いました。

夜は、核心塾で荻生徂徠の組織論を話しました。二次会は近くのイタリアンで、美味しかったです。

あとはフレンチドロップでマジック談義。大阪のルーチンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

デューイ

ジョン・デューイ(1859-1952)

道具

道具主義

役に立つのか否かがすべてである。有用かどうかが基準であって有用でないものは真理ではない、という立場。

例えば神の存在も、人に安らぎや安心感を与えるのが有用性でその意味では真理になる。合理性や、論理、さらに整合性などは意味がない。「使える」ことが重要で、デューイは、難解な議論から哲学を解放して、日常を対象にしてそれを豊かにすることを目的にした。

思想も知識もそれ自体には価値がない。あくまでも人にとっての手段と言う位置付け。知識も人間に役に立つ道具だと宣言。

例えば核兵器。仮想敵国があるときは、抑止に役立つ。しかし、情況がかわると不安定要因となる。道具主義では、役に立つかどうかは、その都度、人間生活の現状に照らし合わせて検証しなくては駄目。その中で有用でない物は修正されたり、破棄される。デューイの哲学は、あくまで生活体験を基礎に進められていく。

真理は1つではない。

情況が変化する以上、絶対的な真理はない。すべては仮説。行動や実践を通じて検証され、修正される。真理が成長するのだ。

この考えは「創造性」につながる。これは新たな刺激に直面したとき、それを観察し認識し、未来を予測しながら新しい行動様式を考える。これが創造性で、社会にインパクトを与える。これがアメリカのイノベーションの基礎にある考え方。

アメリカと言う実験

創造性=社会改造 手段としては民主主義である。民主主義には教育が不可欠。デューイは小学校をアメリカで設立。小学校とは「小型の社会」の意味。

今までの授業は単に知識の詰め込み、すべてが暗記で面白くない。この単調さからでは、いかに知識が役立つかが見えてこない。

いかに社会に役立つか?の視点こそが重要である。

授業方式も、話を聴くだけから作業、グループワーク、問題解決などを盛り込む。机も個別ではなく、大きな作業台に座らせる。先生は理論と実践の双方を間違っていれば正す。

知識=道具と考えれば、学ぶ中身や学び方が変わる。より実践的で、役立つ、社会に還元できる知の誕生となる。(ビジネススクール、メディカルスクール、ロースクールの誕生)

結語

デューイはバーモント州の農家出身。農耕具を筆頭に道具に小さなころから魅せられてきた。

道具は、手にした者と環境を一変させる力がある。道具は単なる物質ではなく、世界を変えるコンセプトを織り込んだフォルムである。道具主義は、道具を諸関係とダイナミズムを含む観念へと昇華させる力すらある。

デューイの凄さは、観念やシンボルなども道具としてしまったことである。これらも実生活で意味を成してはじめて有用となり真理となるので、分離された形で存在するものではない。

いかなる科学的法則も相互作用のおかげであり、唯我独尊と言うわけにはいかないのだ。重力の法則であってもそれは、1現実の出現である。不確かな現実と好都合な解決案との間を効率的に媒介する道具なのだ。したがって発見よりも創造を重視する。歴史も、個人が所有しているものではなく、個人の行動が作るもので、世の中に確立されたものなど存在しないのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

リッツから招待、ラ・べ

食品偽装のお詫びで、フレンチを招待してくれました。ラ・べで久しぶりの夕飯。メインは、鳩。アメリカ時代はよく食べた好物です。非常に美味しく仕上がってました。

ただ残念は、魚のかさごがいまいち。。ソースが強く、カサゴの繊細さが死んでしまう。。惜しいね。

前菜のフォアグラもよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月11日 (金)

大阪の田舎へ

朝は豊中へ。グループホームの主任と会いました。権限もない、したっぱ野郎です。とりあえず会いました。

そしてお次は、豊中市役所へ。たった5分の立ち話。相手はまたもや下っ端。。なんとつまらん。。

最後は、箕面市役所。ここは10分くらいの立ち話。

とんだ一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月10日 (木)

研修2日目

今日も研修。今回は科学実験を拝見。なかなか学生時代を思い出し、愉しかったです。

夜は、リーガロイヤルホテルで一人のんびりしました。部屋ももちろん広くよかったです。明日は、大阪の田舎を歩きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

大阪で研修を受けました

今日は大阪のNMT訪問。

水についての研修を2日間受けます。私にとっては全く未知の分野です。テクニカルな分野で複雑です。

様々な構造を学びます。

夜は吹田の鮮魚料理を楽しみました。ホテルは、狭いビジネスホテル。疲れます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

第141回黎明の会

第141回 黎明の会

日時:5月21日(水) 18:45から

場所:ホテルニューオータニガーデンコート4階 ガンシップ

http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/gunship/

費用:12000円

講師:御厨 貴 氏(東京大学名誉教授)

テーマ「オーラル・ヒストリーの効用」

日本を代表する政治学の碩学・御厨先生をお招きします。歴代総理をはじめ多くの政治家のオーラルヒストリー(聞き書き)をとらてきた先生にインタビューの意味、そして日本の政治についてたっぷりとお話しいただきます。

1951年東京都生まれ。1975年東京大学法学部卒。同年同助手、東京都立大学法学部教授、ハーバード大学客員研究員、政策研究大学院大学教授を経て現職。主な著書に『政策の総合と権力』(1996年、東京大学出版会、サントリー学芸賞)、『東京 首都は国家を越えるか』(1996年、読売新聞社)、『馬場恒吾の面目』(1997年、中央公論新社、吉野作造賞)、『明治国家の完成』(2001年、中央公論新社)、『オーラル・ヒストリー』(2002年、中公新書)、『明治国家をつくる』(2007年、藤原書店)、『表象の戦後人物誌』(2008年、千倉書房)、『権力の館を歩く』(2010年、毎日新聞社)など。現在、TBS「時事放談」キャスター、復興構想会議議長代理も務める。

皆様のご参加お待ち申し上げております。

連絡先:㈱インシィンク

FAX: 03-5444-6841

お名前                    

連絡先                            

今後の黎明の会

6月24日 杉田浩一氏(アジア戦略アドバイザリー 代表)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

フロム

今夜は、ワインと哲学。テーマは社会心理学の雄・フロムです。

特に自由からの逃走は圧巻で、現代に通じる書です。是非、一読を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

今週の予定

7日 19:00wine&philosophy@バトゥー

9日 大阪

10日 大阪

11日 大阪

12日 大阪

今週はずっと関西。相当長い出張です。。

今朝は6過ぎに時に羽田着、七時半に自宅でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

最低の空港

ジャカルタは35度、蒸し暑いです。。汗が出る出る。しかもジャカルタは観光できるような場所がないので、ホテルライフ中心。ただ歩いて10分でモールがあるので覗いてみました。バカでかいですが、いわゆる高級ブランドは少ない、しかもスタバが安い。しかし、ビールが高い。。バドワイザー1本500円!!

夜9時のフライトですから午後2時にチェックアウトしてぶらぶら。6時にベンツのリムジンがきて空港へ。そこで夕食と思いきや、レストランがない!!

唯一ありましたが、不味い、さらに酒もなし。バーもなし。そのくせPOLOだけがやたらとある。最低の空港です。

明日の朝7時に羽田です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

ジャカルタのテレビショッピング

今日は10時にジャカルタのTVショッピング会社の社長と商談。10時に迎えにきてくれました。BMWを運転しているので、なかなかです。朝食はトロピカルフルーツ中心に食べました。車で30分、会社に到着。商談で3時間、さらに一緒にランチ。

ジャカルタで本場のインドネシア料理。好き嫌いはあるでしょうが、私は好きな方です。辛くもなく、オックステールスープもよかったです。

そして夕飯は、JWの日本料理へ。無茶苦茶高い。。大関のものもの熱燗が1合、2500円。アホですね。。すべて関税。トロの鮨も2貫で6000円!!! ふざけています。なんだかんだで、二人で25000円でした。。

明日帰国します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

初インドネシア

今日からジャカルタへ。ANAで8時間のフライトです。赤道を越えるので遠いです。しかも治安もよろしくない、仕事とはいえ大変です。

着くと空港の中でJWマリオットのスタッフが出迎え。これにはびっくり!!そして手際よくビザを済ませ、VIPレーンで並ばずにすぐ外へ。金の力はスゴイ。地獄の沙汰もカネ次第です。そしてベンツのリムジンのお出迎え。渋滞を楽しみながらホテルへ。

さすがJWですからしっかりしています。まず、ベンツをセキュリティーチェック。さらにホテルの入り口にもチェックの警官が。。厳戒態勢です。なにしろJWがテロ対象で、爆破されたので、これも仕方ない。。

そして部屋に入りました。50平米で結構広い。夕食は中華でしたが、これが不味い。。久しぶりにまずい食事である意味新鮮。

明日は商談です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 2日 (水)

フロム

7日の哲学サロンではフロムの社会心理学を話します。

自由からの逃走、名著です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

税務署

今日は朝は、金子税理士と面会。決算の打ち合わせして芝税務署へ。面倒くさいですが、仕方ない。。

そして午後は二時から「どりぷろ」の打ち合わせを浜松町でしました。6月デビューも決まりホッとしました。

夜は、自宅で夕飯。のんびりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »