仕事・出会い

2014年8月29日 (金)

リーダー論⑦

問題を提起する

まずは現状を否定するところからリーダーは入ることが肝要である。現状満足は衰退を表すのである。そして、問題の発見や改善はマネージャークラスの仕事であり、真のリーダーシップは問題を提起することから始まる。

変革は容易ではない。まずは現状維持派が既得権益を有しているためにまず抵抗を始める。企業組織はできたてが最高であり、そこから酸化が進み、どんどん活性酸素に蝕まれる。わかっていながらも、その現状を肯定してしまう。

現状維持を打破する人は究極的にはトップである。これは、太平洋セメント相談役の故・諸井虔氏が小生に伝えてくださったことである。「日本的集団主義の中で、トップ以外が革新的なことを行えば、まず袋叩きになる。企業規模を問わず、変革や革新は企業トップの変化、変身を意味するのである。例えば、取締役会で全員賛成は絶対やらず、全員反対は一考するのである。」

もう一人、佐藤安弘氏(キリンビール相談役)。佐藤氏はキリンビールの高崎工場を閉じるなど大リストラを行った。アサヒのスーパードライが出てきたために変革の起爆剤になった。このように危機に直面すると目の色を変えて、変革に挑むが、普通はまだ大丈夫と油断してしまうのが人間の性である。

敢えてリスキーな行動をトップは取り、社員の危機感を煽ることが重要。このような意味で、リーダーシップは従来の根回し型から問題提起型に変貌しなくてはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

リーダー論⑥

マイナス情報の吸い上げ

地位が上がると情報量が増えるが、それは都合のいい情報であり必ずバイアスがかかっているものである。真の情報は現場にあり、上のものは進んで話を聞く姿勢が大切である。裸の王様にならないようにするための方法として、

   自ら進んで現場に出る、そのときは抜き打ちで。

   マイナス情報を聞く度量を持つ。

   参謀を持つ

いつのまにか茶坊主に囲まれ、都合のよい情報だけで判断してしまうのである。

椅子にもたれて報告を聞く時代は終わり、率先して下へ動くことが大切である。動かないリーダーのもとには「癌」が発生する。組織として、

   素直に聞かない

   叱らない

   タブーばかり

   決定しない

   目線が上向の「ヒラメ社員」

   説明上手で動かない

こうなってくると、裸の王様になってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

リーダー論②

マネジャーは、管理する。リーダーは変革する

マネジャーは模倣する。リーダーは創造する

マネジャーは維持する リーダーは発展させる

マネジャーはシステムと構造に着目する リーダーは人に着目する

マネジャーはコントロールする リーダーは信頼を醸成する

マネジャーは近視眼、リーダーは長期的視野に立つ

マネジャーはいつ、いかにするかに関心をもつ リーダーは何を、なぜに関心

マネジャーは現状維持、リーダーは現状に挑戦

マネジャーは従順な兵士、リーダーは自律

マネジャーは正しく物事を進める リーダーは正しいことを行う

マネジャーはトレーニングで育成 リーダーは教育

トレーニングは、演繹法、確固としてる、静学的、記憶力、事実、狭い、丸暗記、表面的、受身、答えを提示、結果、戦術、ゴール、予測、教条、反作用、方向性、左脳、仕事、短期的、安定、硬直、形式、ルール、テーゼ、閉鎖的、常識

教育は、帰納法、試験的、動学的、理解力、アイデア、広い、深い、実験的、アクティブ、質問を投げる、過程を重視、戦略、代替性、探求、発見、イニシアティブ、全脳的、人生、長期的、変化、中身、柔軟、リスク、ジンテーゼ、開放的、想像力

これらが象徴的なキーワードである。

幼少期、青年期で何が起きて、どう対応したかを棚卸する。

常に成長するためのイベントを日々意識的に探す。

リスクを恐れない

未来を探す

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

リーダー論

若干の準備

   コミュニケーションとは?

コミュニケーションの定義について

A.相互理解B.意思疎通C.合意形成などを含む包括的な言葉である。

②ダイレクトとインダイレクト・コミュニケーション

IT社会の誤解

NTTドコモの成功例と失敗例

③トップダウンとボトムアップの誤解

④コミュニケーションは資本である。

A.経済資本B.文化資本C.人的資本D.社会資本

④良きリーダーは良きコミュニケーターである。

明確に意見が語られ、ビジョンを描く力がコミュニケーションの力である。

1.歴代大統領とコミュニケーション・スタイル

1.      ルーズベルト

2.      ニクソン

3.      レーガン

4.      クリントン

5.      ブッシュ(現職)

2.小泉首相のコミュニケーション能力とは

3.経営者とコミュニケーションについて再考する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

自分を生きる

自分で」生きることはできます。しかし「自分を」生きるためには知性、感性、そして自信が不可欠です。グローバル化や雇用体系の変容など、日本社会は未曾有の地殻変動の只中にいます。ここでは、自らの価値判断で考え、行動することが不透明な時代を生きるには必須となります。歴史観に裏打ちされた知性と、時代を見抜く感性、そして自己の軸を保持することがしなやかで強い「自分」を築くのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

天敵が出てきたら

モチベーションが落ちる原因の一つとして社内の「敵」の存在がある。

どうやって対処する?

1.   嫌な奴の生態と処方箋

ルーズ      :個別に聞き出し、コミットメントを得る

壊れたビデオ  :考えをまとめさせて話させる

疑心暗鬼    :安心感、保証を与える。あなたの評価が上がると述べる

噂好き      :事実だけに焦点を絞らせる

おしゃべり大好き:「聞いてください!」とはっきり毅然と対峙する

攻撃的     :「あなたはどうしたいの?」と建設的な意見を求める

スピンドクター :ダイレクトコミュニケーションを心がける

権威的     :ほかの角度から見ることも大事なので、と述べる

評論家     :「あなたはコメントしないでいいです。当事者意識がないなら」と述べる

短気      :まず相手の要求を受ける。相手が忘れる可能性がある。

2.   嫌な奴の扱いの3つのポイント

承認する

正当化する

個別対応する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

笑について

笑いの効用

1.商売繁盛 特にBtoCは必須

2.モチベーション向上

3.新しいビジネス創造 「おもしろおかしく」

4.異文化交流のツール

まじめで素直=没個性??

笑いの制度化

1.「滑稽」と御伽衆

『史記』の滑稽列伝は秀逸

笑いの中のポイントを衝いた言葉が核心を貫き脳天にショックを与える。

社会での逸脱行動を滑稽なものとし、その懲罰として笑いを行使、人々の社会への柔軟な対応力を回復させる。(ベルグソン)

2.室町時代の同朋衆、御伽衆は好例。狂言の太郎冠者、次郎冠者が田舎大名を演じる。

3.オリンパス、大王製紙の問題は?

オリンパスは社外役員がなんと5人!不祥事=コンプライアンス強化。しかし重要なことは制度ではなく、運用である。

法制度でがんじがらめにすると、会議や特に役員会では誰も話さなくなり、息も詰まり味気ない。むしろ「滑稽」をどう内生化するのかを考えることも重要ではないか?

4.落語家を役員に

非理曲直を正そうとする愚昧なヤメ検より落語家こそが役員会の健全化には大きな働きをもたらすのではないか?

自分を笑う

リーダーこそ、自分を笑いネタにする。自嘲や自己否定ではなく、自分の未熟さ、過ち、浅はかさ、愚かさに言及し、自己風刺する力。これは自己の客観視であり、これこそが度量。

客観視できない人は無謬論や、全能信念に陥る。また他者の客観視を否定すると、盲目となり危険である。横暴になりやすい。

自分を最も笑った経営者は「本田宗一郎」。彼の周りには常に笑いがあり、失敗談を面白可笑しく語れる度量があったとのこと。

経営者が自分を笑える精神を涵養しておけば、企業も安泰!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

意志決定あれこれ

人を説得、得心させるることはビジネス成功への第1歩である。しかし、同じアプローチで異なる人を説得しようとしても心は動かず、概ね失敗するのである。説得する相手の意思決定の仕方を考慮し、プレゼンテーションの方法を変化させる、ことが極めて重要である。まず相手のタイプを5つに分類して、その特長や対応方法について考えていきたい。

1.      カリスマ型:新鮮、斬新なアイデアに対して大きな関心を示す。しかし、最終的には情報を比較検討した上で判断を下す。

2.      深慮型:会議などの途中で意見を変え、矛盾した考えを示す傾向がある。全ての選択肢を洗い出し、初めて結論を下す。

3.      懐疑型:自分のセンスに合わないデータや事象には徹底した不信感を抱く。直感に従い方針を固める。

4.      追随型:他の成功事例、信頼する人間の言を信頼する。

5.      コントロール型:内心は不安の塊、疑いのない事実に依拠して判断。また自分に対してのイエスマンを登用する。

ザックリと5つのタイプの特長を述べたが、ここからは各々のディテールを見ていきたい。

1.      カリスマ型

このようなタイプは「情熱的」「個人の魅力に満ちて」「実力主義」「不屈の魂」を持っている。また自らの責任でリスクも取る。オーナー経営者の8割がここに当てはまる。反面、短気であるため効率的な議論を好む。カリスマもいざ結論を出すときには他の者の意見も尊重する。

彼らの関心事は「新鮮なアイデア」と「結果に直結した」議論を好む。成果思考に欠けている一面的な議論は否定する。彼が好むものは「明快、簡素」「実効性がある」「結果が出る」「差別化とフォーカス」であり、モノトーンな議論は嫌う。

説得の秘訣:彼らが一つのアイデアに心奪われたとしてもプレゼンターは常に冷静に淡々と行うべきである。(成果に焦点を置いて)まず結論を冒頭に述べ、注意を引く。そして明快さと率直さを前面に出し、過大な形容詞は避ける。提案内容は図を多用し、ビジュアルに訴えると効果が高い。またエグゼクティブサマリーの利用はポイントが高い。リスクも100%開示し、それを抑える手段を述べる。

2.      深慮型

彼らの特長は「思慮深い」「明晰」「論理重視」「理論家」である。また最も説得しにくい強敵ともいえる。たいていは熱心な読書家で言葉を慎重に選び、定量的議論を好む傾向が高い。彼らのモチベーションはカリスマのようなイノベーション志向であり、コントロール権を失うまいとする意識と言える。典型はマイケル・デルやビル・ゲイツである。

彼らの興味はどこにあるのか?それは論点である:説得者の論点から論点への移行、その手法である。カリスマと異なり、リスク回避が念頭にあるため懸念事項を率直に伝えることも有力である。過去の苦い経験などはことのほか覚えているため、ベストの解を用意するべきである。しかし、結論はあくまでも本人に選ばせることが賢明であるため、親切と思い結論を提示することは避けたい。

基本的に深慮型は手の内を明かさないため事前に感触を掴むことはまず無理である。リスポンスがなく嫌な沈黙が生まれることも多々ある。

彼らの好みは「品質」「理論的」「証拠」「計画性」などである。

説得の秘訣:何はともあれ理論武装が大事である。徹底したデータ(顧客調査、マーケッティング、費用対効果、ケース・スタディー)の開示が求められる。これにより多面的に提案内容が理解できるように誘導する。

3.      懐疑型

懐疑型は極めて個性が強い。何しろ自分の価値感に固執する傾向が強い。ワンマンで攻撃的、軋轢を避けず喧嘩よろしく議論をする。このような人たちはプレゼンテーションの只中でも中座したりと落ち着きがない。また深慮型と違い個人攻撃を仕掛けてくるが、提案者はその挑発に乗ってはいけない。それが彼らの戦略である。

彼らの関心を得る最良の手段は本人が最も信頼する人間を介添えにすることが良い。このような下地作りが物事の成否を決めるのである。また相手と議論するときもプライドを傷つけず、やんわりとするべきである。面子を潰すようなことをすれば激怒するであろう。このような相手はいやな説得相手と映るかもしれない。しかし、彼らの本心は単純である:何か独創的なことはやりたい、しかしそのアイデアが信頼の置く人間から発せられたい、と願っている。

説得の秘訣:理論武装+根回しが重要である。口添え、介添えは特に有用である。

4.      追随型

追随型は誤った判断を避けたいために斬新なアイデアを採用をすることは稀である。好みとしては「有名ブランド」「低コスト」「前例の踏襲」「伝統」などである。彼らは懐疑型と同様、あらゆる点から反論する。しかし疑い深いわけではない。周囲の力を借りてよりよく事象を理解したいと言う願望を抱いている。このようなタイプの説得はツボを押さえていけば簡単である。有名な成功例やリスクの低さを訴えるのである。

説得の秘訣:「革新的だが実績がすでにある」「斬新だが信頼性が高い」などの逆説的なフレーズに弱い。また本人が決断することが少ない以上、提案者が解決策を見せることも必要である。

5.      コントロール型

不確実性や曖昧さを極端に嫌う。懐疑型のように強い個性があり尊大にすら見られる。追随型は第3者の視点を重要視するがコントロール型は自分流を持っている。個人主義的で他人と相談せずに一匹狼な面が強い。仮に相談したとしてもどこまで真剣かは疑問である。

彼らの心には常に恐怖心があるのである。そのために自分で決めるのであり細部にまでこだわる傾向が強い。ただカリスマとは違い自分の判断に責任を負わないことが多い。説得はまず筋道立てストレートに話し、細部は専門家の口から話させることである。

説得の秘訣:自意識が強いので提案者は自身のアイデアを「売り込む」ことはしないようする。向こうに選ばせるのである。最善策は要求する情報を提供し、あとは本人が納得するのを待つのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

人物とは?

煎じ詰めれば「人」と「カネ」の問題である

まずはカネの問題

①膨大な国債残高

②税収の低下、人口減、少子・高齢化 移民政策、背番号制、宗教法人への課税

③歳出カットVS増税 地方公務員改革、議員の定数大幅削減、地方議員のボランティア化、本当に消費税増税しかないのか?

④日本経済4つの美徳:現場主義、技術主義、完璧主義、集団主義 これを活かしどのようなビジネスモデルを構築すべきか? 

⑤円高は本当に悪いのか?

次に人の問題

リーダーの欠如と言われ久しい日本

未曾有の危機においても、リーダー不在が露呈

「梟雄」はなぜ出ないのか?

信長と弾正からを考える。

リーダーの資質は3つ:大局観、胆力、人心掌握力

「およそ例と言う文字をば、向後、時という文字に変えて御心得あるべし」山名宗全

「賢人あるを知らず 一不祥 知って用いざる 二不祥 用いるもの任せざる 三不祥」太田道灌

政治家も企業家も「歴史に学ぶ」ことが重要。歴史には、苦難を乗り越えた英知がある。

「いにしへの道を聞きても唱えてもわが行いにせずば甲斐なし」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

The 1分

1.プレゼンテーション・スキルの重要性  

 

2.パーソナル・ブランディングは「伝える」ための最高の手法

  最高のプレゼンテーションをするための準備

   ① 自分のブランディングをおこない、

明確に価値を伝える技術を身につける

   ② 自分の価値(あるいは会社・サービスの価値)を伝えるための

     発信方法を工夫する。印象に残るための最新の方法・技術を

     最大限活用する。

3.プレゼンテーション 実践スキル

  「いかにして、発表内容を1分間におさめるか??」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧