事件・事故

2014年2月 9日 (日)

20時間空港に滞在

朝は早くに目が覚めました。が、電車動かず。。そしてひたすらぼーっとしてました。レストランも混み、とても食事できないです。

そして夕方5時くらいに電車運転再開。もちろん人混みが移動します。券売機は長蛇の列。しかし、私は運よく、往復の切符を持っていたので、並ばず一気にホームへ。

そして電車に乗りましたが、成田エキスプレスものろのろ運転で品川まで2時間以上かかりました。自宅に着いたのは夜9時。

へとへとです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月15日 (木)

テレビ

我が家の50インチのテレビが壊れました。。

日立のおじさんがきて修理。ありがたいことにすべて無償でしてくれました。これで、万全。

本当に助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

渡邊美樹の欺瞞

偉そうなことをのべつ宣うワタミの渡邊がようやく残業問題で労働基準局の指摘を受けました。過労死で自殺者まで出しています。

この男はまさに欺瞞の塊。自己啓発書で偉そうなことを語っていますが実状は、社員を搾取することしか考えていないバカ者。所詮、佐川急便のチンピラ野郎です。

調子に乗って都知事選にまで出るなど最近の乱行は目に余る。経済から消えていただきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

今日は雨。結構降っています。どっちみち、仕事はないので部屋に居ます。読書、テレビ、そしてマジックです。

それにしても最近、自動車事故が多いですね。あれだから安くても夜行バスはいただけない。。全く割に合わない話です。

やはり電車と飛行機が一番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

粉飾決算:シニアコミュニケーション

オリンパスはあれだけの騒ぎで、上場維持。東証の斎藤の見識を疑います。斎藤は野村の副社長でなかなかの国士と見てましたが、これは酷い。政治的意図もありでしょう。

そしてシニアコミュニケーションの山崎伸治。このバカ野郎は、医療システム研究会のメンバーでした。たしか、リーマン前日本代表の安田氏の紹介。こいつは愛想笑いは銀行マン上りなのでうまいですが中身は希薄。何度か会社で会っても、ぜんぜん儲かっている感じがしないのに、いいオフィス。一緒に仕事をする話でしたが、直感で断って正解でした。SCは上場廃止。この差はどうでしょうか?

いずれにしても早く山崎は市中引き回ししてもらいたいものです。これだけ問題が出てくれば、私が会員のシリウス倫理研究会は真の意味を持つと思います。

舩橋晴雄さんは支援したいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

田中淳平が逮捕されました

いやはや、結婚詐欺で逮捕とは困ったものです。、オフィスヨシオカの吉岡社長のご紹介で会った田中がこんなことになりました。とるも取ったり2億円。。どうもこの金でウェスティンや、リッツに泊っていたのですね。

私も会う中で、全くフィデリに実業を感じることができず不審に感じてきたのが今年。さらに春に連絡がきてそのあとは完全に音信不通。孫正義も野田一夫もとんだ目に会ったということです。。もう彼はダメですね。相当、ビジネスの被害もあるはずですが、こちらは実害なくホットしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

JR北海道社長の自殺

何という身勝手な決着をつけたのか。上場企業、しかもJRの現職社長が自殺とは最低の結末。

社員は激怒と落胆と、情けなさで一杯のはず。まさに純粋培養のエリートの弱さと、卑怯さをみますね。

どんな事故を起こそうが、きちんと調べ謝罪すればどうにかなるのです。なぜ死ぬのか全く理解不能です。JR北海道の事故などたいした話ではない。原発やJR西日本に比すれば屁みたいなもの。

東電の勝俣など、立派なもんです。自分は悪くないと思っている。このくらいでトップはちょうどいいのでしょう。特に危機のリーダーシップは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

ナイヤガラの滝に転落

これぞ自業自得という事故です。熱い折、海水浴ならいざ知らずナイヤガラの滝つぼに落ちるのですから、なかなかの経験です。涼しいを通り越してます。それにしても欄干にまたがって落ちたんですから、バカですよねー。

こんなもの、カナダも捜索する価値ないですね、税金使って。遺族に請求したほうがいいですよ。常識的に危ないことをして、死ぬのは自己責任。本望というものです。たとえば台風のときでもからなず、防波堤で見ていて波にのまれる奴、田んぼを見に行って死ぬ奴、迷惑な連中がいます。本当に不思議です。。

旅先で恥さらしなことはやめてもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

東電は無知である。

東電をバッシングしたいことはよくわかる。勝俣のような俗物、頼りない小役人のような面構えでは、危機を乗り越えられるとは思えない。

しかし、現実は連中は何も知らない、無知の集団。あくまでも原発のオペレーション部隊だ。

原発をつくったGEや、日本の東芝、日立の製造、設計と、アメリカ、ロシア、フランスの英知でこの問題を切り抜けるのだ。もちろん消防、自衛隊、アメリカ軍は言うに及ばずである。

これが真の危機管理であり、有事の戦略である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

東電を外すことが必須

原発問題の一進一退は不安をかきたてます。

ここで重要なことは当事者の東電を除外し、チームを組むこと。当事者はどうしても情報を隠したがる、保身に走るのだ。大本営発表では国難を乗り越えることはできない。

まず東電を外し、専門家チームの多国籍軍を組成し対応することが必須であり、これこそが危機管理の戦略であろう。

時間がたてばそれだけリスクが高まるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧